最高の効果が簡単に得られる コンプレッサー/リミッターがRadialより新登場

Radial Komit 500

PRODUCTS by RandoM編集部 2013/12/19

131219-radial-main

Komit 500は、ラジアルの「500シリーズ」モジュールに対応する、シンプルな操作のコンプレッサー/リミッター。

コンプレッサーはVCA式。シンプルな操作で優れた音質を得ることができる。リミッターは、ソフトなクリップから極端なクリップまで10種類のプリセットを装備。初期のラジオのダイオード・ブリッジによるサウンドをシミュレートするようデザインされたクリッピング回路を採用し、その間には出力レベルを補正、クリッピング・リミッターをドライブさせるゲイン・コントロールを装備。プリセットとゲインの組み合わせにより、さまざまなクリップ・サウンドを作りだすことができる。信号がクリップするレベルに達しないよう抑える、ブリックウォール設定も可能だ。

Radial

Komit 500

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
日本エレクトロ・ハーモニックス
TEL: 03-3232-7601 http://www.electroharmonix.co.jp/

【SPECIFICATIONS】
●•回路:フィード・フォワード(RMSサイド・チェーン)●クリップ・レベル(出力):+22dBu●コンプレッション・レシオ:1:1~10:1(入力レベルとコンプレッサーの設定による)●ブリックウォール・モード:1:1~20:1(入力レベルとコンプレッサーの設定による)●周波数特性:20Hz~20kHz(-2dB drop at 20Hz)●最大ゲイン:+20dB(コンプレッサーを最小に、出力を10に設定した場合)●入力インピーダンス:9650Ω●混変調歪:0.112%@80Hz/3kHz(+10dB in and -12dB out; Compressor 1:1; Output gain 1:1)●リミッター(クリッパー):-6dBu~+21dBu●Omniport機能:キー入力検出●出力インピーダンス:140Ω●出力レベル:最大+22dBu●消費電流:72mA●THD+N:0.025%@1kHz.(+10dB in; 20:1 Brick Wall setting; Output gain 1:1)、0.023%@1kHz.(0dB in and out; Compressor and Output gain controls at 0)●スレッショルド:-10dBu or +4dBu●重量:0.7kg

TUNECORE JAPAN