ラジアルより軽さ250g、小ささ114mm、用途に合わせて選べるDIボックスシリーズ「Stage Bug」

RADIAL StageBug SB-1 Acoustic/StageBug SB-2 Passive/StageBug SB-4 Piezo/StageBug SB-5 Sidewinder

PRODUCTS by RandoM編集部 2013/11/28

stagebug

カナダのラジアルより軽さ250g、小ささ114mmのDIボックスシリーズ「Stage Bug」が登場した。今回のリリースではエレアコ用DIボックス「StageBug SB-1 Acoustic」、パッシブDIボックス「StageBug SB-2 Passive」、ピエゾPU 専用DIボックス「StageBug SB-4 Piezo」、ノートパソコン用DIボックス「StageBug SB-5 Sidewinder」という4型が顔をそろえた。

RDI_stagebug_SB1_4c

StageBug SB-1 Acoustic

StageBug SB-1 Acousticは、アクティブDIボックスでアンプも繋げられるTUNER端子、音が歪んでしまう場合に入力感度を15dB減らせるPADスイッチ、ステージでフィードバックを抑えられるPHASEスイッチが装備されているので、まさにエレアコにピッタリな一台。

RDI_StageBug_SB2_a4c

StageBug SB-2 Passive

StageBug SB-2 Passiveには、ステレオ入力をモノにまとめて、XLR端子から出力するマージ機能を搭載。PADスイッチ、グランドLIFT装もあるので、出力が高くなりがちのキーボードやアクティブベースに最適なモデルとなっている。パッシブDIボックスなので、繋ぐだけでプレイが可能だ。

RDI_StageBug_SB4_a4c

StageBug SB-4 Piezo

StageBug SB-4 Piezoは、バイオリン、マンドリン、チェロ、ウッドベース等のアコースティック楽器用のアクティブDIボックス。電源は必要だが、この一台があればプリアンプが不要なのもうれしい。

RDI_Stagebug_SB5_4c

StageBug SB-5 Sidewinder

StageBug SB-5 Sidewinderは、ノートパソコン、タブレット、スマホ、音楽プレイヤー等に適した、ステレオのパッシブDIボックスで、ミニTRS端子付きのケーブル付き。モバイル機器で長いケーブルを使ってもノイズを減らせ、インピーダンスもPAに最適化できるのでサウンドのクオリティも上げられる。パッシブなので電源は不要だ。

どのモデルも持ち運びに便利なサイズになっているので、ライブ会場に自分専用のDIボックスを手軽に持っていけるのがSpaceBugシリーズの大きな利点だろう。

RADIAL

StageBug SB-1 Acoustic/StageBug SB-2 Passive/StageBug SB-4 Piezo/StageBug SB-5 Sidewinder

StageBug SB-1 Acoustic:9,800円/StageBug SB-2 Passive:9,800円/StageBug SB-4 Piezo:10,500円/StageBug SB-5 Sidewinder:15,000円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
日本エレクトロ・ハーモニックス
TEL: 03-3232-7601 http://www.electroharmonix.co.jp/

TUNECORE JAPAN