TECH21初の空間系エフェクター“BOOST DLA”と“BOOST RVB”がリニューアル

TECH 21 SansAmp BOOST DLA/BOOST RVB

PRODUCTS by RandoM編集部 2013/11/28

DLA-RVB

BOOST DLA はヴィンテージ・ディレイで使用されたBBD 回路やテープエコーの特徴をより優れた性能のデジタル・ディレイ回路で再現、BOOST RVB はノスタルジックなアナログ・リバーブ・サウンドに磨きをかけ、残響音がバイパス切り替え時にそのまま残るTRAILS(トレイル)機能を追加。

BOOST DLAは、最長1秒のアナログ・ディレイ・サウンドからテープエコー・サウンドまで、幅広いディレイ・サウンドを奏でる。特に、ディレイにテープエコーならではの揺れを追加できるTAPE DRIFTコントロールは圧巻。モジュレーション・ディレイから、壊れかけたテープ・エコー・マシーンまでエミュレートすることができる。

ヴィンテージ・リバーブのサウンドを受け継いだBOOST RVBのナチュラルかつウォームなサウンドは、ギターサウンドに100%マッチ。MODULATIONコントロールによってリバーブのプリ・ディレイにモジュレーションを加え、奥行きのあるサウンドを作り出す。

両モデルとも、出力信号を9dB までブーストできるクリーンLEVEL/BOOST機能を備え、ギターソロの際にエフェクト効果と一緒に信号レベルも上げる設定を可能にしている。

TECH 21 SansAmp

BOOST DLA/BOOST RVB

ともにオープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
オールアクセス
TEL: 03-5456-5032 http://www.allaccess.co.jp/

【SPECIFICATIONS】
《BOOST DLA》●TAP TEMPOフットスイッチ:TAP TEMPOスイッチを楽曲に合わせたテンポで踏むと、Delay Timeが設定可能。TAP TEMPOスイッチはBypass時でも機能し、事前にディレイタイムをセットすることが可能。●DOTTED 8スイッチ:オフのポジション(押されていない状態)では、4 分音符ベース。オンポジション(押し込んだ状態)では、ディレイ音は三連8 分音符に設定される。●TRAILSスイッチ:BYPASS切替え時にディレイ音が徐々に減衰する設定。●TIME:30mSec~1000mSec(1秒)●FIDELITY:6dB/oct.のアナログ・シェルビング・フィルター(ハイカット・フィルター)。このコントロールはディレイ音にのみ働く。●FEEDBACK:アナログ・フィードバック(リピートの度にTONEが働く)●MIX:アナログ・ミックス(ドライ100%~ウェット100%)●TAPE DRIFT:アナログ・モジュレーション(テープのフラッターやコーラスがリアルに設定可能)●LEVEL/BOOST:アナログ9dB出力ブースト(可変)●BYPASS:バッファード・バイパス入力…1/4インチフォーン、1MΩ(電源スイッチ兼用)●出力:1/4インチフォーン、1kΩ●動作レベル:-10dBm/250mV●電源:9 VDC(センター・マイナス)●消費電力:50mA 《BOOST RVB》●TIME:リバーブのディケイタイムの設定●TONE:6dB/oct.のアナログ・シェルビング・フィルター●FEEDBACK:反射音の設定●MODULATION:リバーブのプリ・ディレイにモジュレーション効果を加える。●LEVEL/BOOST:アナログ9dB出力ブースト(可変)●TRAILS:TRAILSスイッチを押し込んだ状態では、BYPASS に切り替えた際にエフェクト音が徐々に減衰。BYPASS してもエフェクト音が突然切れないようにする機能。●BYPASS:バッファード・バイパス入力…1/4インチフォーン、1MΩ(電源スイッチ兼用)●出力:1/4インチフォーン、1kΩ●動作レベル:-10dBm/250mV●電源:9V DC(センター・マイナス)●消費電力:50mA

TUNECORE JAPAN