JBLより水平160°の広い範囲をカバーする設備用スピーカーがリリース

JBL PROFESSIONAL CWT128

PRODUCTS by RandoM編集部 2013/11/15

131115-jbl-main

老舗スピーカーブランドJBLより、水平160°の広い範囲をカバーする設備用スピーカー「CWT128」が11月5日に発売された。

いままで中高域のサウンドを水平100°以上のエリアに届ける場合、1本のスピーカーではカバーが難しいため、2本のスピーカーを横に並べて設置しているケースが多かった。しかし、このCWT128には、JLBの特許技術CWTウェーブガイドが搭載されており、中心部の音の干渉が発生しない設計になっている。左右に並べて配置された2つのウェーブガイドにはそれぞれコンプレッション・ドライバーが接続され、水平160°の極めて広い範囲をカバーする力を発揮するという。

さらにCWRR128は1本で広いエリアをカバーできるので、スピーカーの設置本数や設置面積を大幅に削減できるという。パワーアンプなどの関連機材が少なくて済み、シンプルなシステム構築が可能なため、ホールや会議場、テーマパーク、スポーツ施設等に最適なスピーカーだ。

黒と白の2色が用意されたコンパクトなボディには熱や摩擦、経年変化に強いDuraFlex(デュラフレックス) 塗装が施されおり、屋外でも問題なく使用できる。さらに、防塵・防水加工も施されているので、環境を選ばずに活躍する1本となっている。2年間の長期保証もうれしいところだ。

JBL PROFESSIONAL

CWT128

367,500円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ヒビノインターサウンド
TEL: 03-5783-3880 http://www.hibino.co.jp/

【SPECIFICATIONS】
●形式:2-Way フルレンジ ●周波数レンジ(-10dB): 71Hz ~ 20kHz ●指向角度( 水平×垂直) :160°× 60° ●最大音圧レベル(1m):129dB SPL( ピーク) ●感度(1W、1m) :94dB SPL ●公称インピーダンス:8 Ω ●許容入力:450W ●トランスタップ:100V 110W/55W、70V 110W/55W/28W ●ドライバー構成:LF 203mm(228J)×2、HF 25mm(2408H-1) × 2 ●クロスオーバー周波数:1.5kHz ●入力端子:ネジ止め端子 ●エンクロージャー:12/15mm 堅木合板、黒/ 白(-WH)、DuraFlex 仕上げ ●寸法(W × H × D) :258 × 810 × 300mm( 除突起部) ●質量:27kg

TUNECORE JAPAN