TSVGより個性的かつ多彩なサウンドを持つファズペダルが登場

TSVG Dying Batt

PRODUCTS by RandoM編集部 2013/11/15

dyingbatt_s

フィラデルフィアにて手作業で組み立てられているエフェクターブランド“TSVG(ティーエスブイジー)”より、ユニークな特徴を持ったファズペダル“Dying Batt(ダイイングバット)”が発売された。

Dying Battは、Volume/Voltage Regulator/Gain/Tone Blendという4つのノブを装備。Voltage Regulatorで駆動電圧の調整が可能となっている。フルアップにすると音の壁のようなサウンドになり(※Voltage Regulatorを最大付近にすると、環境によりノイズが出る場合がある)、そこから下げていくことで音のバランスが変わり、音色は崩壊していく。さらにTone Blendを合わせて調整することで、非常に個性的なファズサウンドが得られる。また、ギターのヴォリュームを調整すれば、ゲインを簡単に調整することが可能。

駆動はセンターマイナスの9Vアダプタのみ(One Control EPA-2000推奨)で、電池は使用できない。

 

TSVG

Dying Batt

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
LEP INTERNATIONAL
TEL: http://lepintl.jimdo.com/

TUNECORE JAPAN