ハイクオリティなサウンドと充実の機能を装備した革新的マルチ「G1on/G1Xon」が誕生

ZOOM G1on/G1Xon

PRODUCTS by RandoM編集部 2013/10/29

G1on-G1Xon

ZOOMから、ディストーション/コンプレッサー/モジュレーション/ディレイ/リバーブ/アンプモデルなど75種類ものエフェクトを内蔵したG1onと、さらにワウやピッチシフトなどの5種類のペダルコントロールエフェクトを追加したG1Xonが11月に発売予定だ。

最大5種類のエフェクトが同時使用可能で、エフェクトの接続順も自由自在に並べ替えることができる。また、68種類もの多彩なリズムパターンも搭載。深夜でも周囲を気にせず演奏できるヘッドフォン端子や、音楽プレイヤーを接続できるAUX端子、最長30秒までのフレーズをレコーディング可能なルーパー機能など、充実の機能で個人練習をバックアップする。ループの長さは、マニュアルまたは4分音符単位のプリセットで、内蔵チューナー機能では現代のギタリストには必須とも言えるドロップチューニングや、7弦ギター、オープンチューニングなど、多様なチューニングをサポート。

また、コピーやスワップ機能を利用すれば、ライブのセットリストに合わせてエフェクトパッチの順番を組み替えることも簡単。エディットしたエフェクトを自動で保存するオートセーブ機能で、面倒だったセーブ作業も過去のものに。他にも、ライブの演奏中に次のパッチをバックグラウンドでスクロールできるプリセレクト機能も搭載。G1Xonには、標準でエクスプレッションペダルが装備され、ボリュームペダルやワウペダルとしての使用はもちろん、ピッチシフトやモジュレーションレイト、歪みのゲイン量など、ギターを弾きながらさまざまなエフェクトをリアルタイムにコントロールすることができる。

これだけの機能と性能を、G1onは重量わずか380g、ペダル装備のG1Xonでも640gと、持ち運びにもまったく負担のかからない軽量なコンパクトボディに凝縮。ギターケースのポケットにG1on/G1Xonを入れておけば、重たいエフェクターボードを持ち運ぶ煩わしさからも解放される。

両モデルともに、ACアダプタ、電池、USBバスパワーの3WAY電源方式を採用。電池駆動の場合、インプット端子にプラグを接続すると自動的に電源が入り、操作をやめてから10時間が経過すると自動的に電源がオフになる“eco”機能も内蔵している。電池寿命は、単3乾電池4本で20時間以上の連続使用が可能。電池残量もディスプレイで確認できる。

ZOOM

G1on/G1Xon

7,875円/9,975円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN