アコースティックからエレクトリックまで、さまざまな楽器の音をナチュラルなサウンドで録音できるプリアンプ

Radial JDV-Pre 500

PRODUCTS by RandoM編集部 2013/10/16

RDI_JDVPre_module_4c

ラジアルから、ギターやバイオリン、マンドリン、コントラバスなどのさまざまな楽器の音を、広い帯域をカバーした自然なサウンドで出力する楽器用プリアンプ&DIモジュール「JDV-Pre 500」が登場した。

JDV-Pre 500は、マグネチックピックアップやピエゾピックアップ、さまざまなマイクに対応。ラジアルならではのDragによりピックアップやマイクの負荷を調整することで、楽器本来のサウンドをそのまま出力できる。ハイパス・フィルターも装備しているため、低音のノイズを除いた、よりクリーンで明確なサウンドを実現した。また、フロントパネルにはAUX OUT端子があるため、レコーディング時にギターアンプにスルー信号を送ることが可能。これにより、プレイヤーはアンプで歪ませた音を聴きながら演奏できる。ほかにも、コンデンサー・マイクへのファントム電源供給、位相反転スイッチなど、楽器の録音に必要な機能が搭載されている。

Radial

JDV-Pre 500

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
日本エレクトロ・ハーモニックス
TEL: 03-3232-7601 http://www.electroharmonix.co.jp/

TUNECORE JAPAN