ドラム・シンセも付属したビート制作のためのハードウェア

Native Instruments MASCHINE STUDIO

PRODUCTS by RandoM編集部 2013/10/07

NI_Maschine_Studio_Topview

16個の高感度パッドや2つのカラー・ディスプレイを搭載し、あらゆるタイプのビート制作を可能にする「MASCHINE STUDIO」が11月1日より発売される。

MASCHINE STUDIOは、直感的かつ複雑なコントロールを可能にしたビート制作のためのハードウェア。16個の高感度パッドをはじめ、2つのカラー・ディスプレイ、ジョグ・ホイール、各種エディット・ボタンなどを搭載し、あらゆるリズムをこの1台で生み出すことができる。また、さまざまな種類のドラム・シンセを収録したソフトウェア「MASCHINE 2.0」を同梱しているので、ビートに深みと彩りを与えることも可能だ。

Native Instruments

MASCHINE STUDIO

104,800円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ネイティブ・インストゥルメンツ・ジャパン
TEL: 03-4540-6100 http://www.native-instruments.com/jp/

TUNECORE JAPAN