コードやメロディを検出してMIDIに変換できる機能を搭載した「Ableton Liveシリーズ」の最新バージョン「Ableton Live 9」

Ableton Live 9

PRODUCTS by 編集部 2013/03/05

top_2

音楽制作ソフトウェア、Ableton Live シリーズの新バージョン「Ableton Live 9」が、2013年3月5日に発売される。

約4年振りとなる今回のバージョン・アップの大きな特徴は、オーディオをMIDIに変換することができる点。コードを解析してMIDIに変換する「Harmony to MIDI」、モノフォニックのメロディを解析してMIDIに変換する「Melody to MIDI」、オーディオのドラム・ループを解析してMIDIに変換する「Drum to MIDI」を搭載しており、サンプルに含まれる音楽を再利用したり、サンプルから音楽アイデアを抽出したりして新たなサウンドの構築に役立てることができる。また、新しくなったブラウザは、インストゥルメント、エフェクト、サンプル、Pack、VST/Audio Unitプラグ・インのすべてを2段表示の1画面で表示。使いたいデバイスやファイルへ瞬時にアクセスできるため、サウンドの検索時間を短縮することでより効率の良い音楽制作が可能となっている。通常パッケージのほか、アカデミックパッケージ、アップグレードパッケージが用意されている。

関連リンク

Ableton

Live 9

オープンプライス(Ableton Live 9 Suite予想市場価格72,800円)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ハイ・リゾリューション
TEL: 03-5775-6290 http://www.h-resolution.com/

TUNECORE JAPAN