エフェクターの特性ごとに最適な電源供給を可能にする電源タップが登場

FREE THE TONE PT-1D/PT-2

PRODUCTS by 編集部 2013/03/06

PT-D1_convert_20130304213949-thumb-600xauto-64103

エフェクターの特性ごとに最適な電源供給を可能にする電源タップ「PT-1D」と、そのディストリビュート部のみを搭載したシンプルなモデル「PT-2」が登場した。

※画像は試作機のため「7A/700W」だが、実機は「6A/600W」

PT-1Dは、AC電源ディストリビュート部と、DC電源部を搭載した電源タップ。DC電源部には、デジタル・エフェクターのためのハイカレント端子と、ゲインの高いエフェクターのためのローノイズ・スタンダード端子の2種類を装備し、エフェクターの特性ごとに最適な電源供給を可能にしている。また、筐体に航空機の部品として採用されているアルミニウム合金を使用し、強度と軽量化を同時に実現しているのも魅力だ。本体の高さが35mmというコンパクトな設計も嬉しい。なお、ディストリビュート部のみのモデルであるPT-2も発売される。

関連リンク

FREE THE TONE

PT-1D/PT-2

PT-1D:24,150円/PT-2:12,600円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
フリーザトーン
TEL: 045-929-0933 http://www.freethetone.com/ja/

【SPECIFICATIONS】
[PT-1D]●AC100V出力×4系統、合計6A/600W(最大) ●安定化DC9Vハイカレント出力端子(最大300mA)×2系統、安定化DC9Vローノイズ・スタンダード出力端子(最大100mA)×6系統 ●213(W)×55(D)×35(H)mm [PT-2]●AC100V出力×4系統、合計6A/600W(最大) ●213(W)×55(D)×35(H)mm

TUNECORE JAPAN