グレッチのエレクトロマティック・コレクションより注目のニューモデルが続々登場

Gretsch G5440LS/G5442BDC

PRODUCTS by 編集部 2013/02/15

g_main

グレッチのエレクトロマティック・コレクションに、レフトハンドモデルやベース含むニューモデルが多数加わった。

G5191TMSは、マン・サーモンと名付けられた薄いピンクのカラーにゴールドのハードウェアがマッチした、RANCID(ランシド)のティム・アームストロング(Vo,Gt)シグネイチャー・モデル。

また、ティム・アームストロングが左利きのため、レフトハンドモデルG5191TMSLH(204,750円)もラインナップされている。

G5420Tは、5プライ・メイプルを使用した2.75″(69.85mm)厚のホローボディ構造のシングル・カッタウェイ・モデル。
ヴィンテージ・スタイルのオープン・ギアのマシンヘッド、ローズウッドベースのアジャストマティック・ブリッジ、Gアロー・ノブなど、ハードウェアはすべてクローム・カラーで統一されている。
アスペン・グリーン/サンバースト/オレンジ/ブラックの4カラーがラインナップ。

レフトハンドモデルG5420LHは、G5420T同様2.75″厚のホローボディ構造で、ハードウェアも同じくクローム・カラーで統一。
G5420Tとの違いは、ハープ・テイルピースを採用している点と、ラインナップがオレンジ/アスペン・グリーンの2カラーという点。

G5422TDCは、5プライ・メイプルを使用した2.25″(57mm)厚のホローボディ構造のダブル・カッタウェイ・モデルで、ハードウェアはすべてクローム・カラーで統一している。
トランスペアレント・レッド/ウォルナット・ステイン/ブラックの3カラーをラインナップ。

G5422TDCGは、G5422TDC同様2.25″厚のホローボディ構造で、ハードウェアはすべてゴールド・カラーで統一。
「スノー・クレスト・ホワイト」カラーとのマッチングが高級感を醸し出している。

G5422DC-12は、5プライ・メイプルを使用した2.25″厚のホローボディ構造の12弦ダブル・カッタウェイ・モデル。
サンバースト/ブラックの2カラーをラインナップしている。

G5440LSは、5プライ・メイプルを使用したホロー構造のシングル・カッタウェイ・ボディで、34インチ・ロングスケールを採用したベース。
新しくベース用に開発されたパワフルなブラック・トップ・フィルタートロン・ピックアップを搭載し、ハードウェアはすべてクローム・カラーで統一されている。
カラーは、ブラック/オレンジをラインナップ。

G5442BDCは、やはり5プライ・メイプルを使用したホロー構造のダブル・カッタウェイ・ボディで、30.25インチ・ショートスケールを採用したベース。
G5440LS同様、新開発のブラック・トップ・フィルタートロン・ピックアップを搭載し、ハードウェアはすべてクローム・カラーで統一。
カラーは、トランスペアレント・レッド/ブラックをラインナップ。

Gretsch

G5440LS/G5442BDC

189,000円/131,250円/120,750円/131,250円/152,250円/131,250円/131,250円/131,250円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
神田商会
TEL: 03-3254-3611 http://www.kandashokai.co.jp/

TUNECORE JAPAN