幅広いカバー・エリアを実現したフルレンジ・スピーカー「S500シリーズ」が登場

MACKIE S500シリーズ

PRODUCTS by 編集部 2012/12/26

S515-front_convert_20121225182917

少ない本数で広い会場もカバーできる2Wayパッシブ・スピーカー「S500シリーズ」が、12月27日より4機種同時に発売される。

今回発売されるのは、12インチ・スピーカー、15インチ・スピーカー、デュアル15インチ・スピーカー、18インチ・サブウーファーの4機種。そのどれもが水平90°、垂直50°という幅広いカバー・エリアを実現し、少ない本数で会場の隅々まで音を行き渡らせることができる。

また、サブウーファー「S518S」には120Hzのローパス・フィルターが搭載されており、スピーカー・プロセッサーを使用しなくとも簡単にシステムアップすることが可能だ。

なお、本シリーズは、パワード・ミキサー「PPMシリーズ」やパワーアンプ「FRSシリーズ」のほか、スピーカー・プロセッサー「SP260」と組み合わせることにより、最適なPAシステムを構築することができる。

関連リンク

MACKIE

S500シリーズ

S512(パッシブ 12インチ 2Wayスピーカー):47,250円/S515(パッシブ 15インチ 2Wayスピーカー):51,450円/S525(パッシブ 15インチ デュアル2Wayスピーカー):77,700円/S518S(パッシブ 18インチ サブウーファー):86,100円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
音響特機 MACKIEテクニカルサポート
TEL: 03-3639-7800 http://www.mackie.com/jp

【SPECIFICATIONS】
[S512]●周波数特性:49Hz~18kHz(-10dB) ●指向特性:水平90°垂直50° ●能率:99.9dB SPL(1W@1m) ●インピーダンス:8Ω ●許容入力:連続250W プログラム500W ピーク1000W ●クロスオーバー周波数:3600Hz ●ユニット構成:LF12インチ×1 HF1インチドライバー ●入力コネクター:Speakon(NL4)×2 6.3φ×2 ●サイズ、重量:452W×650H×396D 22kg ●35mmφスピーカースタンド立て可能 [S515]●周波数特性:47Hz~18kHz(-10 dB) ●指向特性:水平90°垂直50° ●能率:101.1dB SPL(1W@1m) ●公称インピーダンス:8Ω ●許容入力:連続300W プログラム600W ピーク1200W ●クロスオーバー周波数:3400Hz ●ユニット構成:LF15インチ×1 HF1インチドライバー ●入力コネクター:Speakon(NL4)×2 6.3φ×2 ●サイズ、重量:452W×714H×396D 23kg ●35mmφスピーカースタンド立て可能 [S525]●周波数特性:51Hz~18kHz(-10 dB) ●指向特性:水平90°垂直50° ●能率:102.9dB SPL(1W@1m) ●公称インピーダンス:8Ω ●許容入力:連続600W プログラム1200W ピーク2400W ●クロスオーバー周波数:2800Hz ●ユニット構成:LF15インチ×2 HF1インチドライバー ●入力コネクター:Speakon(NL4)×2 6.3φ×2 ●サイズ、重量:427W×1115H×396D 34kg [S518S]●周波数特性:37Hz~220Hz(-10 dB) ●能率:98.3dB SPL(1W@1m) ●公称インピーダンス:8Ω ●許容入力:連続450W プログラム900W ピーク1800W ●内蔵ローパスフィルター:120Hz、12dB / Octave ●ユニット構成:LF18インチ×1 ●入力コネクター:Speakon(NL4)×2 6.3φ×2 ●サイズ、重量:516W×607H×541D 32kg ●35mmφポール取付用マウントホール有(天面)

TUNECORE JAPAN