マーシャルの伝説的キャビネットが待望の復刻

Marshall 1912/2245(JTM45)

PRODUCTS by 編集部 2012/12/27

marshall-1912-2245

マーシャルより、1×12″コンボのエクステンション・キャビネット1912と、名機JTM45のリイシュー版が発売された。

1912

1912 Front

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JCM900シリーズの1×12″コンボのエクステンション・キャビネットであった1912は、1×12″小型スピーカー・キャビネットの傑作として、マーシャルのラインナップに名を連ね続けている。1936や1922もサイズを超えた豊かな低音が特徴だが、1912を鳴らした瞬間、その超ド級の低音に耳を疑うことだろう。ラック・システムにもおすすめのスピーカー・キャビネットだ。定価71,400円。

 

2245(JTM45)

2245 _JTM45_ Full Stack Front

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジム・マーシャルが1962年に初めてアンプを製造し初めた頃、ワークショップから最初に送り出されたモデルがJTM45だ。このアンプはたちまち大ヒットとなり、新世代の素晴らしいギタリストたちにとって欠かせないアイテムとなった。

以来、ギタリストたちはこの美しいアンプのオリジナル版を八方手を尽くして探し求めてきたが、満を持してその復刻版であるJTM45がリリースされる。

透き通るような繊細さを誇るクリーン・トーンと、滑らかで温かいサステインもそのままに、オリジナルと同じくGZ34整流器を採用することで、JTM45の光輝くサウンドを忠実に再現。

少々コンプがかかった弾き心地は整流管回路独特のもので、ビロードのようなディストーション・サウンドは、他のモデルでは決して見られないJTM45ならではの魅力だ。定価236,250円。

Marshall

1912/2245(JTM45)

71,400円、236,250円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ヤマハミュージックトレーディング
TEL: 03-5641-1031 http://www.y-m-t.co.jp/

TUNECORE JAPAN