多様な構成に対応したライン・アレイを組めるd&b V-Series

d&b audiotechnik V-Series(V8/V12/V-SUB)

PRODUCTS by 編集部 2012/10/15

121015-dandb-main

ラウドスピーカー・システムの開発/生産を行うd&b audiotechnikから、構成の規模を問わず柔軟に使用できるV-Seriesが登場した。

V-Series は「V8」ラウドスピーカーと「V12」ラウドスピーカー、そしてアクティブ駆動の高性能カーディオイド「V-SUB」サブウーファーから構成され、フライング・アレイ/グラウンドスタック・アレイ双方の機械的互換性を持っている。フライング・システム内でラウド・スピーカーを懸吊するのに必要な部品はすべてキャビネット内に組み込まれているため、ライン・アレイの配置が迅速に行える。

V8とV12、V-SUBのコンポーネントは下表の通り。V8とV12 は24個までのラウドスピーカーでフライング・バーティカル・アレイを構築できるように設計されており、V8/V12だけのコラムとしても使用可能。V-SUBはV8/V12のアレイの上部に組み込んだり、別個のコラムとしてグラウンド・スタックやフライングのようなさまざまな組み合わせで使用できる。またV-Seriesは大規模構成のJ-Seriesとマッチするサウンド・キャラクターを持っているので、J-Seriesの補助としても使うことができる。

キャビネットは船舶用合板製で、耐衝撃・耐候 PCP(ポリユリア・キャビネット・プロテクション)仕上げ。キャビネット前面は音響的に透明な発泡材で裏打ちした頑丈な金属グリルで保護されている。

モデル V8 V12 V-SUB
コンポーネント 10″ × 2
8″ × 1
1.4″ × 2
10″ × 2
8″ × 1
1.4″ × 2
18″ × 1
12″ × 1
最大音圧(D12、フリーフィールド) 139 dB SPL 139 dB SPL 133 dB SPL
定格出力(RMS/ピーク 10 ms) 500 / 2,000 W 500 / 2,000 W 800 / 3,200 W
周波数特性(-5 dB) 67/100Hz
~18 kHz
67/100Hz
~18 kHz
37 Hz
~115/95Hz
指向特性(水平) 80° 120° ――
スプレイ角度設定 0~14°(1° 刻み) 0~14°(1° 刻み) ――
D12 のチャンネル毎の
駆動キャビネット数
2 2 2
寸法(高さ×幅×奥行き、mm) 310×700×460 310×700×460 606×700×728 / 830
重量 34 kg 34 kg 64 kg

d&b audiotechnik

V-Series(V8/V12/V-SUB)

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
オタリテック
TEL: 03-3332-3211 http://www.otaritec.co.jp/

TUNECORE JAPAN