可動部が無い不思議なワウ・ペダルがエレハモより登場

electro-harmonix Crying Tone EH9400

PRODUCTS by 編集部 2012/08/03

120701_EH_CryingTone-main

エレクトロ・ハーモニックスより、ワウペダルの新製品「Crying Tone」(EH9400)が登場した。

「Crying Tone」は、本体の傾きを検知してワウ効果を操るワウ・ペダルだ。最大の特徴は、ワウ・ペダルであるにもかかわらず、可動部が無いということ。ポットが無いからガリの心配がなく、ギアも無いので”液体の様に”なめらかで正確なコントロールが可能であるという。

使いかたはとても簡単で、本体を床に置いたら、ボタンを押してキャリブレーションをするだけ。通常のワウの様に前の方に踏み込めば、オン/オフを切り替えることができる。またオンになると上面のエレハモ・ロゴが光るので、ステージでもオン/オフ状態がひと目でわかる。

なお、この「Crying Tone」はエレハモの新シリーズ”Next Step”の第一号機であるという。このシリーズから今度どのようなペダルが登場するのかも楽しみだ。

electro-harmonix

Crying Tone EH9400

16,590円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
日本エレクトロ・ハーモニックス
TEL: 03-3232-7601 http://www.electroharmonix.co.jp/

【SPECIFICATIONS】
●入力インピーダンス:1MΩ●出力インピーダンス:1kΩ●消費電流:11mA●電源:9V 電池、AC アダプター(別売)●寸法:93W×50H×234D mm●重量:1.1kg

TUNECORE JAPAN