設置場所を選ばないハーフラックサイズの高出力・高音質パワーアンプ

JBL COMMERCIAL CSA-2120

PRODUCTS by 編集部 2012/07/20

120717_JBL_COMMERCIAL_CSA2120-main

ヒビノ株式会社は、JBL COMMERCIAL(ジェイビーエル・コマーシャル)のパワーアンプ「CSA-2120」を2012年7月13日に発売した。

「CSA-2120」は、EIA 1Uハーフラックのコンパクトなボディからは、想像ができない出力性能を獲得している。高効率なスイッチング電源を採用し、120W(4/8Ω)×2chの高出力を実現。小規模なスペースであれば一台で十分にドライブ可能。

また、伝統あるスピーカー製造メーカーJBL PROFESSIONALの優れた音質を受け継ぎ、歪のないクリアなサウンドを獲得。明瞭なBGMと透明感のあるアナウンスを出力し、店舗の魅力を引き立たせる快適な音響空間を作り上げる。さらにJBL PROFESSIONALの設備用スピーカーと組み合わせることで最高のパフォーマンスを発揮できるように設計されており、音質的に統一感のあるシステムを簡単に構築できる。

また「CSA-2120」のコンパクトなボディは設置場所を選ばず、レジ下やバックヤード等のわずかなスペースに設置できる。冷却ファンのない自然空冷方式を採用しているため、動作音が極めて小さく、静かな空間にも最適。

さらに、ラックマウント金具が標準で付属しており、1台の「CSA-2120」をEIA 1Uのスペースにマウントできるのはもちろん、マッチングトランスの「CST-2120」を横に連結してマウントすることもできる。質量は1kgと軽量なため、ラックマウント金具を使用して棚や壁面に固定することも可能。

入出力端子にはユーロブロックを採用。CDプレイヤー等を直接入力できるRCA端子も装備。RCA端子は、各チャンネルにLとRの両方の端子を備えている。片方のチャンネルにLとRの両方の信号を入力すると自動的にモノラルにミックスされるため、シーリングスピーカー等のモノラルのシステムの駆動に便利。

また、信号が入力されていない時に自動的に待機状態に移行するオートスタンバイモードを搭載。必要なときだけ電力を使用するため省エネに貢献する。

さらに、信号のクリップを防ぎスピーカーを保護するリミッターや、熱によるダメージを防ぐサーマルプロテクション回路を備えており、過酷な環境でも安心して使用できる。

加えて、オプションのマッチングトランス「CST-2120」を使用することで、ハイインピーダンス方式のスピーカーにも対応。中規模店舗の音響システムも効率的に駆動可能。トランスの飽和を防ぐハイパスフィルターも備えている。

JBL COMMERCIAL

CSA-2120

63,000円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ヒビノインターサウンド
TEL: 03-5783-3880 http://www.hibino.co.jp/

TUNECORE JAPAN