Line 6、Jammitとの提携によりiOSでの快適なギター・ジャム体験を提供

PRODUCTS by 編集部 2012/07/05

120622_line6-main_1

Line 6は、数々の賞を獲得するiOSアプリ・メーカー、Jammitとパートナーシップを結んだことを発表した。

このパートナーシップは、iPhoneやiPadでの最高のジャムやレコーディング、学習体験をユーザーに提供することを目的としている。また両者のコラボレーションは、Line 6のギター・インターフェイス「Mobile In」とJammitのアプリ「Jammit」の統合という形ですでに実現されている。

「Jammit」は、オリジナル・マルチトラック・マスター・レコーディングをもとに作成した、各楽器用のトラックを販売している。例えばギター用のトラックを購入してダウンロードすると、「Jammit」内のミキサーで、その楽曲のギターのリフやソロを独立させたチャンネル、ギター以外の全パートをミックスしたチャンネルなどを利用できる。お気に入りの楽曲のギター・パートのみを聴いたり、速度を落としてのコピー、トラックをループさせながらの繰り返し練習などに役立てることができる。オリジナルのギターをミュートすれば、マイナス・ワン音源とともにジャム演奏やレコーディングを楽しむことも可能だ。

そしてこの「Jammit」と「Mobile In」を併用すると、楽曲にマッチしたPODクオリティのアンプとエフェクト・サウンドが自動的にロードされるようになる。ユーザーは、ギターを「Mobile In」に接続するだけで、その楽曲に最適なギター・サウンドを即座に得ることができ、アーティスト本人と同じ気分でジャム演奏や練習を楽しめるわけだ。

なお、「Jammit」はApp Storeで無償でダウンロードでき、個々の楽曲はアプリ内またはJammitのWebサイトから購入できる。

TUNECORE JAPAN