iOS用DJアプリ「DJ Rig FREE」(無償版)公開

IK Multimedia DJ Rig FREE

PRODUCTS by 編集部 2012/05/11

120502_IKMultimedia_DJRigFREE-main

IK Multimedia(本社イタリア)のiPhone/iPod touch/iPad対応DJアプリ「DJ Rig」の無償版である「DJ Rig FREE」が、App Storeにて先頃公開された。

「DJ Rig FREE」は、プロ・オーディオ業界で長い歴史を持つIK Multimediaならではの仕様を詰め込んだ、iPhone、iPod touch、iPad用のダブル・デッキDJアプリだ。

“A/B各デッキに、Music(iPod)ライブラリーから曲を読み込む”、”自動で解析されたテンポ、ビート情報を使って、SYNCボタンでA /Bデッキの再生曲を同期する”、”パッドでサンプルを鳴らす”,”XYパッドでエフェクトをかける”など、さまざまな楽しみ方ができる。触っているとク リエイティブな気分が高まってくるというIK製品の特徴は、この「DJ Rig FREE」でも健在だ。

主な特長と仕様は次のとおり。

DJ Rig FREEの主な特長

テンポだけでなく、ビート単位で同期

「DJ Rig」は、ソングをロードした時にデータを解析して、テンポ、ビート・マップを作成する。そしてSYNCボタンで「DJ Rig」のA/Bデッキをシンクさせると、テンポだけでなく、ビート単位で同期する。手動での頭出し、スタートに慣れていない人でも、すぐに乱れのない ミックスを披露することができる。

音楽的なエフェクト

「DJ Rig」には、プロ用のエフェクト・プラグインを長年開発してきたIK Multimediaならではの使えるエフェクトが多数用意されている。FREE版内蔵のローパス・フィルターの他、アプリ内課金でアドオンを追加すれば 合計12種類のエフェクトが入手可能。また、XYパッドで感覚的に操作しても、エフェクトは再生曲のビートにシンクしてくれるので、大胆に、クリエイティ ブな処理が楽しめる。

サンプラー・マシン付き

「DJ Rig」のPadsボタンをタップすると、9パッド×4バンクのサンプラーが現れる。プリセットに用意されたサウンドを鳴らしたり、その場でオーディオ入 力された音をサンプリングすることが可能。アプリ内課金でサンプル・ライブラリーを拡張することもできる。プレイ中のアクセント、ブレイクとして、存分に 活用可能。

CloneDeck技術による自然なスクラッチ

ターンテーブルのふるまいをモデリングしたCloneDeck技術により、アナログ盤をこすったときの自然なスクラッチ音を再現。ターンテーブル操作時は波形表示も自動で拡大されるので、頭出し、キューポイントの設定も簡単にできる。

ミックスを記録、共有

「DJ Rig」上で行ったミックス・パフォーマンスは、内蔵のレコーダーでそのまま録音できる。録音したデータはEmail、WiFi、iTunes経由などで転送も可能。

X-Sync:相手が何でも、自動で同期

「DJ Rig」で特にユニークなのが、独自のX-Sync機能。IK Multimediaのモバイル・ミキサー「iRig MIX」(5月中旬発売予定)を使えば、他のデバイスのビート情報を認識して、スレーブ側の「DJ Rig」を同期させることができる。マスター側はiOSデバイスでも、CDプレイヤーでも、ビートの認識が可能な音源なら何でもOK。2つのデバイスを同 期させながらミックスする楽しさは格別。

DJ Rig FREEの主な仕様

ダブル・デッキ画面

  • A/Bデッキ両方を表示するランドスケープ(横)、A/B切り替えにより多くの情報を表示するポートレート(縦)と、2つの画面を用意。
  • iPod(Music)ライブラリー、プレイリストに直接アクセス。
  • MP3、AAC、WAV、AIFFなど多くのフォーマットに対応。
  • オート・レベル検知機能により、音量のバランスを自動で調整。
  • ボリューム、ピッチ、3バンド・キルEQ、ヘッドフォン・モニター・スイッチ、クロスフェーダーを装備。
  • ターンテーブル操作時に自動的にズームされる波形表示。
  • 3種類のクロスフェーダー・カーブを設定画面で選択可能。
  • デッキA/Bスプリット、マスター/ヘッドフォン・スプリット、2台ミックス用のステレオ・アウトと、出力設定を選択可能。
  • ミックス・パフォーマンスをレコーディング、書き出し可能な内蔵レコーダー付き。

ミックス、スクラッチ機能

  • BPMだけでなく、ビート単位で同期可能なビート・マッチ機能。
  • ソング読み込み時にBPM、ビート情報を解析して、マップ情報を保存。
  • 視覚的に確認できるキュー・ポイントを、各ソングに4つ設定可能(1内蔵 + 3アプリ内課金)。
  • ビート情報に基づき、1-4小節、1/2-1/32拍単位でループ可能(アプリ内課金)。
  • ターンテーブルのふるまいをモデリングしたCloneDeck技術による、自然なスクラッチ。切れのあるプロのスクラッチに対応。
  • マスター・デバイスのBPMを検知して、スレーブ側のDJ Rigでシンク可能なX-Sync機能。マスター側はCDなどでも動作可能(iRig Mix使用時)。
  • XYパッドで操作できる、12種類のエフェクト:ローパス(内蔵)+ ハイパス、バンドパス、ディレイ、フェイザー、スタッター、フランジャー、コンプレッサー、ファズ、リバーブ、オート・ワウ、クラッシュ(アプリ内課金)。
  • ディレイ、スタッターなどのエフェクトは、再生曲のビートに自動で同期。

サンプラー・マシン

  • 9パッド x 4バンクを切り替え表示。
  • 15種類のサウンド・バンクを用意(1種内蔵 + 14種アプリ内課金)。
  • 再生ピッチをフェーダーで調整可能。
  • オーディオ入力をレコーディングするライブ・サンプリング機能付き。

IK Multimedia

DJ Rig FREE

無料
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN