ZT Amp史上で最小かつ最軽量のアンプ

ZT Amp Lunchbox Jr.

PRODUCTS by 編集部 2012/05/24

120517_ZTAmp_LunchboxJr-main

株式会社LEP INTERNATIONALは、ZT Ampの新製品「Lunchbox Jr.」の国内販売を開始した。

「Lunchbox Jr.」は、ZT Amp史上で最小かつ最軽量(約3.04kg)のアンプだ。小さなサイズからは想像できないほどの大音量を誇り、なおかつレンジの広いダイナミックなサウンドを持つ。

通常の100VACだけでなく、DC12V電源での動作にも対応しており、例えば車のシガーライターから電源を取って使用することも可能。9VDC OUTも搭載され、「Lunchbox Jr.」からエフェクターなど他の機材に電源供給ができる(最大500mAまで)。加えて、Aux INやヘッドフォンアウト、スピーカーからの音を簡単にミュートできるスイッチも装備され、練習、レコーディング、ライブのいずれにも活用できる。

また、ギターだけでなくヴォーカルやキーボード、ハーモニカなどあらゆる楽器に対応し、PAスピーカーやモニターアンプとしても使用可能。

関連リンク

ZT Amp

Lunchbox Jr.

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
LEP INTERNATIONAL
TEL: http://lepintl.jimdo.com/

【SPECIFICATIONS】
●クラスA/B50Wアウトプット(最大値)●大出力カスタムスピーカー、完全密閉筐体●超低レイテンシー基板設計●ヴィンテージスタイルのサウンド●100VAC電源に加え、DC12Vセンタープラス電源での動作に対応●DC9VセンターマイナスOUT端子(最大500mA)●Aux In端子●ヘッドフォン端子●スピーカーミュートスイッチ●Volume、Tone、Gainコントロール●重量:約3.04kg●サイズ:(H)145 x (W)195 x (D)125mm

TUNECORE JAPAN