Line 6、James Tyler VariaxとPOD HDシリーズのファームウェアをアップデート

PRODUCTS by 編集部 2012/04/25

Line 6,Inc.は、James Tyler Variaxモデリング・ギターを対象とするファームウェアと、POD HD 500、POD HD、POD HD Proマルチエフェクト・プロセッサー向けのファームウェアの無償アップデートをアナウンスした。

それぞれのファームウェアの最新版は「JTV v1.8」と「POD HD v2.0」。いずれもline6.comよりダウンロードが可能となっている。 アップデートの内容は次のとおり。

JTV v1.8

James Tyler Variaxモデリング・ギターに搭載されている5種類のアコースティック・モデルを次世代のものへとアップデート。Martin D28、Martin D12‐28、Martin 0‐18、Guild12弦、Gibson J200の各アコースティック・ギターをベースとしたこれらのモデルは、新開発のアコースティック・ギター・モデリング・テクノロジーにより、抜群の深みとディテールを実現。ギター・ボディのサウンドボードやトーンウッドを経由した弦振動のニュアンスまでもがキャプチャーされており、アコースティック・ギターの比類ない演奏体験を提供する。

加えてこのアップデート版は、James Tyler VariaxをPOD HD500やPOD HD Proに接続した際の機能も強化する。

POD HD v2.0

まったく新しいHDギター・アンプ・モデル2種と、初めてのHDベース・アンプ・モデル(8種類ものマイクを選択可能)、ビンテージなボイシングを特徴とする新しいマイク・プリアンプ・モデルを収録。

加えて、POD HD500またはPOD HD Proと、James Tyler Variax、DT25またはDT50ギター・アンプで構成した”ドリーム・リグ”を、さらにパワフルで簡単に使えるものにする様々な新機能も搭載。これにより、フットスイッチを押すだけで、ギター・モデルやエフェクト、HDアンプ・モデル、アナログ・チューブ・トポロジーなどの、アナログとデジタルの完全な再コンフィギュレーションが可能となる。

関連リンク

TUNECORE JAPAN