Ashdownより、ベース・アンプ・ヘッドの新製品が4機種登場

Ashdown BTA400/BTA300/427 Small Block/550 Head

PRODUCTS by 編集部 2011/12/09

111209_Ashdown-main

Ashdownより、ベース・アンプ・ヘッドの新製品として、BTA400、BTA300、427 Small Block、550 Headの4モデルが登場した。

BTA400(283,500円)/BTA300(252,000円)

「BTA400」と「BTA300」は、ABMシリーズを継承したソリッド/チューブのハイブリッド・プリアンプと、KT88真空管を搭載したパワーアンプで構成されたベースアンプ・ヘッドだ。出力は「BTA400」が400W、「BTA300」が300W。

パッシヴ/アクティヴのどちらのベースにも対応するLOW/HIGHインプット切替スイッチ、VUメーター、マスター・コントロール、エフェクト・センド/リターン端子、コンプレッション・コントロール、3バンド(MIDDLE, BASS,TREBLE)のロータリー式EQ、4バンドのスライダー式EQを装備。

さらにABMシリーズの特徴でもある「バルブ・ドライヴ・コントロール」と「サブハーモニクス・コントロール」も装備されている。「バルブ・ドライヴ・コントロール」はソリッド・ステートのプリアンプに真空管サウンドを加えることができ、「サブハーモニクス・コントロール」は1オクターブ下のサウンドを加算することができる機能だ。

加えて、チューニング時に便利なミュートスイッチや、DIアウト用のPRE/POSTスイッチも装備。

いずれもABMシリーズの優れた操作性にオール・チューブのサウンドを持ったモデルであり、対応キャビネットはアッシュダウン・クラシック・シリーズが推奨されている。

【SPECIFICATIONS】
[BTA400]
●Power Output (RMS):400W@4Ω ●Pre-Amp Tubes:ECC83(12AX7) x 1 ●Output Tubes:KT88 x 8 ●Instrument Input, Line Input, Line Output, Balanced DI Output, Tuner Output, Effects Send, Effects Return, Speaker Output x 3(8Ωx1, 4Ωx2) ●EQ:Bass (+/-15dB @ 45Hz), Middle (+/-15dB @660Hz), Treble (+/-15dB @ 7kHz shelving), Slider 1 (+/-15dB @ 180Hz), Slider 2 (+/-15dB @ 340Hz), Slider 3 (+/-15dB @ 1.3kHz), Slider 4 (+/-15dB@ 2.6kHz), Shape (+8dB @ 50Hz & 4kHz, -8dB @ 400Hz, filter slope – 6dB/octave) ●H x W x D:362 x 610 x 300mm ●Weight:約35kg

[BTA300]
●Power Output (RMS):300W@4Ω ●Pre-Amp Tubes:ECC83(12AX7)x1 ●Output Tubes:6 x KT88′s ●Instrument Input, Line Input, Line Output, Balanced DI Output, Tuner Output, Effects Send, Effects Return, Speaker Output x 2 ●EQ:Bass (+/-15dB @ 45Hz), Middle (+/-15dB @ 660Hz), Treble(+/-15dB @ 7kHz shelving), Slider 1 (+/-15dB @ 180Hz), Slider 2 (+/-15dB @ 340Hz), Slider 3 (+/-15dB @ 1.3kHz), Slider 4 (+/-15dB @ 2.6kHz), Shape(+8dB @ 50Hz & 4kHz, -8dB @ 400Hz, filter slope – 6dB/octave) ●H x W x D:362 x 610 x 300mm ●Weight:約33.5kg

 

427 Small Block(367,500円)

「427 Small Block」は、プリアンプ段にはECC83真空管を1本とECC82真空管を1本、パワーアンプ段にはKT88を8本搭載した427Wの出力を誇るオール・チューブのベースアンプ・ヘッドだ。

パッシヴ/アクティヴのどちらのベースにも対応したLOW/HIGHインプット、エフェクト・センド/リターン端子、VUメーター、ゲイン・コントロール、マスター・コントロール、3バンド(MIDDLE, BASS, TREBLE)のロータリー式EQを装備。MIDDLEとBASSにはそれぞれに対応したシフト・スイッチが搭載され、MID SHIFTスイッチを入れることでMIDDLEコントロールの周波数帯が上にシフトし、BASS SHIFTスイッチを入れることでBASSコントロールの周波数帯が下にシフトする。さらにBRIGHTスイッチにより、サウンド全体に明るさを加えることができる。加えてチューニング時に便利なミュートスイッチやDIアウト用のPRE/POSTスイッチも装備されている。

メタル素材に大きくアッシュダウン・ダブルウィング・ロゴがパンチングされた、重厚感のあるルックスも魅力。対応キャビネットは、アッシュダウン・クラシック・シリーズが推奨されている。

【SPECIFICATIONS】
●Power Output (RMS):427W@4Ω ●Pre-Amp Tubes:ECC83(12AX7)x1, ECC82(12AU7)x1 ●Output Tubes:8 x KT88′s ●In/Out:High Instrument Input , Low Instrument Input, Line Input, DI Output, Effects Send/Return, Speaker Outputs(Speakon/Jack) ●EQ:-3dB at 35Hz and 14kHz ●H x W x D:362 x 610 x 300mm ●Weight:約35kg

 

550 Head(94,500円)

「550 Head」は、550W出力のハイブリッド・ベース・アンプだ。フロントパネルに書かれた「550 Spyder」の名称は、故ジェームス・ディーンの愛車であるポルシェの550スパイダーに由来。銀色フロントパネルもポルシェ550スパイダーをイメージさせ、トレードマークのVUメーターがマッチしている。

プリアンプにはECC83(12AX7)真空管を2本搭載。パワーアンプにはABMシリーズで採用しているソリッド・ステート回路を採用。ロータリー式のベース、ミドル、トレブルの3バンドEQを装備。加えて、ブライト・スイッチ、ミドルとベースにそれぞれの周波数帯をシフトするスイッチが搭載されており、幅広いサウンド・メイキングが可能。ステージからレコーディングまで幅広く使用できる。

【SPECIFICATIONS】
●Output Power(RMS):550W@4Ω, 385W@8Ω ●Controls:Master Volume, Gain, Bass, Middle, Treble, Mid Shift Switch, Bass Shift Switch, Bright Switch, Mute Switch, EQ PRE/POST Switch ●In/Out:High, Low, Effect Send, Effect Return, DI Outputs, Speaker Outputs ●Preamp Tubes:ECC83(12AX7) x 2 ●Size & Weight:490(W)x150(H)x320(D)mm, 約15kg

  • 製品情報(神田商会)- 550 Head
  • デジマートで探す – 550 Head

Ashdown

BTA400/BTA300/427 Small Block/550 Head

本文参照
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
神田商会
TEL: 03-3254-3611 http://www.kandashokai.co.jp/

TUNECORE JAPAN