8基のオペアンプを搭載したiBasso Audioのヘッドホンアンプ「A02」 12月に発売

iBasso Audio A02

PRODUCTS by 編集部 2011/11/30

111130_iBassoAudio_A02-main

ヒビノインターサウンド株式会社は、iBasso Audio社のヘッドホンアンプ「A02」を2011年12月16日より発売することを発表した。

「A02」は、BTL(Bridge-Tied Load) grounding 回路を採用し、総計8基のオペアンプを搭載。バッテリー内蔵型小型ヘッドホンアンプでありながら圧倒的な大出力を実現している。さらに64ステップのデジタルボリュームや、高級感あふれる筐体など、様々なこだわりを凝縮した製品となっている。

A02の主な特長

高い駆動能力を実現する「BTL(Bridge-Tied Load) grounding」回路

総計8基のオペアンプを搭載。仮想グラウンド回路を内蔵し、BTL(Bridge-Tied Load)grounding駆動のハイパワーと低歪み性能を両立。駆動能力を高めることで、高性能なヘッドホン、イヤホンの潜在能力を余すところなく引き出す。さらにリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、USBから約2時間の充電で最大20時間の連続駆動が可能。大出力ながら優れた電力効率を実現している。

64ステップのデジタルボリューム

小音量時、左右チャンネル間の音量差(ギャングエラー) が非常に少なく、快適に使用できる。また、出力段に2段階のゲインスイッチを搭載し、デジタルボリュームと組み合わせることで好みどおりの音量に調整が可能。電源を消しても設定した音量レベルは維持されるため、音楽再生後すぐに希望の音量でリスニング可能。

高い耐久性と手馴染みの良さを追及した筐体

上下のメインシャーシには、さびにくく耐久性の高い陽極酸化ステンレスを、ミッドフレームには微細樹脂コーティングを施した、亜鉛合金ダイキャストを採用。高い耐久性を保ちながらも、手に持ったときの馴染みの良い感触も追求。

関連リンク

iBasso Audio

A02

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ヒビノインターサウンド
TEL: 03-5783-3880 http://www.hibino.co.jp/

【SPECIFICATIONS】
●周波数特性:10Hz~100kHz、-1dB●S/N比:104dB●最大出力:200mW+200mW(16Ω)、175mW+175mW(32Ω)●電源:内蔵リチウムポリマーバッテリー●電池持続時間:連続約20時間(使用条件によって短くなる場合があります)●充電時間:約2時間●推奨ヘッドホンインピーダンス:8~300Ω●入力コネクター:3.5mmステレオミニジャック●出力コネクター:3.5mmステレオミニジャック●カラー:Smooth Black●寸法・質量:W41×H10×D81mm、62g●付属品:ステレオミニプラグケーブル、充電用USBケーブル

TUNECORE JAPAN