エントリーモデルながらグランドピアノの響きや弾き心地が楽しめるデジタルピアノ2機種がローランドより登場

Roland RP301/F-120

PRODUCTS by 編集部 2011/10/21

111021_Roland_digitalpiano-main

ローランド株式会社は、グランドピアノの響きや弾き心地、本格的な演奏が楽しめるエントリー・モデルのデジタルピアノ「RP301」と「F-120」の2機種を、2011年10月22日(土)より順次発売することを発表した。

「RP301」と「F-120」はいずれも、上位モデルで好評のスーパーナチュラル・ピアノ音源とアイボリー・フィールG鍵盤を搭載したデジタルピアノだ。ピアノ練習に最適なさまざまな機能をサポートし、環境にやさしい省電力、省エネにも対応している。

発売は「RP301」が2011年10月22日、「F-120」が11月26日。

RP301/F-120の主な特長

グランドピアノの音、タッチ、繊細な表現力を再現(エントリー・モデル初)

エントリー・モデルで初めて、ローランドの誇る「スーパーナチュラル・ピアノ音源」を搭載。タッチの強弱に応じた無段階の音色変化、変化しながら消えていく自然な減衰音、一鍵一鍵で表情の異なるサウンドなど、グランドピアノの響きを忠実に再現する。また、最上位モデルの鍵盤を継承した「アイボリー・フィールG鍵盤」により、グランドピアノの弾き心地、連打性、演奏表現力まで実現する。

ピアノ練習に最適なさまざまな機能を搭載

メトロノームやレコーダーなど、レッスンに便利な機能をサポート。また内蔵曲数は従来の3倍になり(計200曲)、レッスンですぐに使えるバイエルやブルグミューラーなどの練習曲も充実。

環境にやさしい省電力、省エネにも配慮

演奏、操作を終え一定時間が経つと自動で電源が切れる「オート・オフ機能」を搭載。家庭で使用の際の消費電力は12W程度(ボリュームを中央にしてピアノ演奏した場合の目安)と省エネ設計。

ライフスタイルに合わせて選べる2デザイン

高級感あふれるローズウッド調仕上げの「RP301」と、奥行き約30cmのスリムなボディでスタイリッシュな「F-120」(ホワイト仕上げとサテンブラック仕上げの2色)から、ライフスタイルやインテリアに合わせて選択できる。

関連リンク

Roland

RP301/F-120

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ローランド お客様相談センター
TEL: 050-3101-2555 http://www.roland.co.jp/

TUNECORE JAPAN