多機能な2チャンネル・アクティブDIボックスがARTより登場

ART dADB

PRODUCTS by 編集部 2011/09/13

ART(エイ・アール・ティー)より、新製品「dADB」デュアル・アクティブDI ボックスが登場した。

「dADB」は、楽器やライン、スピーカー等からの信号を、ミキサー等のバランス入力を持つ機器に送るための2チャンネルのアクティブDIボックスだ。

ハイ・インピーダンスの入力信号はバッファー回路を通り、低ノイズ・アクティブ回路によってバランスのロー・インピーダンス信号に変換される。フラットでワイドな周波数特性を持ち、高い信号レベルまで入力可能。色付けのないクリーンなサウンドで様々な音源を扱え、ノイズの多い環境でも活用できる。

また、アッテネーター、グランドリフト、位相反転、ローパスフィルターも搭載された多機能性も特長のひとつ。コンピータュー・ベースのオーディオ・ワークステーションとモニターの間に本機を使うことで、デジタルノイズの低減に役立てることもできる。

アクティブ回路はファントム電源か9V電池によって動く。電池は新品であれば100時間以上動作する。ケースは長期間の使用に耐える頑丈なスチール製だ。

dADBの主な特長

  • アクティブ仕様
  • ファントム電源と9V 電池どちらでも動作
  • ハイ・インピーダンスのバランス/アンバランス入力を600Ωのバランス出力に変換
  • 入力アッテネーター(0、-20、-40 dB)
  • ローパス・フィルター・スイッチ
  • 位相反転スイッチ
  • グランド・リフト・スイッチ
  • 1/4″TRS 端子(入力、スルー)
  • XLR 端子(バランス出力)
  • 頑丈なケース

関連リンク

ART

dADB

9,975円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
日本エレクトロ・ハーモニックス
TEL: 03-3232-7601 http://www.electroharmonix.co.jp/

【SPECIFICATIONS】
●周波数特性:10 Hz - 100 kHz, ± 0.5 dB @ +0 dBu●THD:<.05% (typical)●ダイナミックレンジ:>100 dB (typical)●チャンネルセパレーション:> 80 dB (typical)●最大入力レベル:+4, +24, +44 dBu( ATTENUATOR の設定による)●最大出力レベル:+6 dBu(電池), +14 dBu(ファントム電源)●入力端子:1/4" TRS バランス/アンバランス × 2、470k Ω●スルー端子:1/4" TRS × 2●出力端子:XLR male balanced × 2、<600 Ω●入力アッテネーション・スイッチ:0、-20、-40 dB●電源:9V @ 7.5 mA(アルカリ電池推奨)、18 - 48V DC @ 6.4 mA(ファントム電源、チャンネルあたり)●寸法:51H×127W×146D mm●重量:1.22 kg

TUNECORE JAPAN