ラウドネス管理を自動化するソフト「LMB」、NuGen Audioより発売

NuGen Audio LMB(Loudness Management Batch Processor)

PRODUCTS by 編集部 2011/09/05

NuGen Audioより、ラウドネス管理を自動化するためのソフトウェア「LMB(Loudness Management Batch Processor)」が発売された。

「LMB」は、大量のオーディオファイルをバッチ処理で自動解析および補正するためのツールだ。

ネットワークのサーバー上にあるオーディオ・ファイルをフォルダ単位で監視し、解析したラウドネス値をログに書き出したり、補正したオーディオファイルを別のフォルダに自動で書き出すことが可能。これにより、プロの現場で必要なラウドネス管理を効率的に行うことができる。

メディア・インテグレーションのオンラインストアでダウンロード販売中。

LMBの特徴

品質保証とコンプライアンス

  • 外注した素材の確認
  • 送出規格へのラウドネス適合
  • 社内での編集環境の合理化
  • 不適合によるペナルティの防止
  • 自動ワークフローのためのコマンドラインを統合
  • 事後分析を可能にするオーバービューと詳細なログ

ワークフローの改善

  • ラウドネスをノーマライズする作業の自動化
  • 自動的にアーカイブを準備
  • 即座に使用が可能な確認済みライブラリの作成
  • 自動化に依存せずバランス調整
  • エディット後の自動再編成
  • 複数の放送規格やクライアントの用途に合わせたプリセット作成

音質の改善

  • 番組間のラウドネスを一致させる
  • 異なるソースのラウドネス基準を一致させる
  • 送出に適したダイナミックレンジに調整
  • 番組間の突発的なラウドネスの変化を防止
  • 正確なピーク・アセスメントによるコーデック品質とDA変換の改善

大量のファイルを素早く、自動で解析処理

  • ドラッグ&ドロップによる操作対応規格
  • 驚異的なスピードで処理(リアルタイム処理の約100倍以上)
  • 様々なレベルでの自動ログを利用可能

コマンドラインによる完全な自動化 & XML出力オプション

  • ファイル全体を自動でバッチ処理
  • XML形式でのログ書き出し
  • 一括解析、補正するhotフォルダーをネットワーク上に設定可能
  • データのグラフ化とグラフ表示機能

データのエクスポート

  • サマリーログ表示
  • 詳細ログ表示
  • 分割または継続ログを選択可能
  • データのグラフ化とグラフ表示機能

関連リンク

NuGen Audio

LMB(Loudness Management Batch Processor)

123,900円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
メディア・インテグレーション
TEL: 03-3477-1493 http://www.minet.jp/

【SPECIFICATIONS】
●PC用スタンドアローン・アプリケーション●Windows XP, Windows Vista, Windows 7●Pentium 1.4 GHz 以上●512 MB 以上のRAM 空き容量●対応規格:TU-R BS. 1770/1、1770-2 (ARIB TR-B32準拠)、EBU R128、ATSC A/85

TUNECORE JAPAN