ヤマハ、リハスタで24チャンネルのレコーディングを手軽に実現するサービス「即レコ24」発表

ヤマハ株式会社 即レコ24

PRODUCTS by 編集部 2011/09/30

9月30日(金)、ヤマハはクラウド型のレコーディング・サービス「即レコ24(そくれこにじゅうよん)」を発表した。スタジオ内にセッティングされた専用録音用機材をiPadで簡単操作、手間なく気軽に24チャンネルの録音ができ、さらにその録音音源は専用サーバ上に即アップロードされ、インターネット環境のある場所ならどこでも試聴/ダウンロードできるというものだ。サービス開始は10月15日(土)から。

実際の利用の流れを紹介していこう。まず「即レコ24」対応スタジオで、受付時に「即レコ24」メンバーズカード(初回のみ)と専用アプリケーションを搭載したiPadを受け取る。メンバーズカードに記載されているID/PASSで管理するため、会員登録の手続きは不要だ。

110930-yamaha-13.jpg

 

110930-yamaha-14.jpg

 

「24chマルチ録音」「天井マイク録音」のどちらかの録音方法を選ぶ。「24chマルチ録音」は、あらかじめ機材にセットされたマイク/ライン入力をバンド構成にあわせて選択していく。

110930-yamaha-5.jpg

▲録音方法を選択

110930-yamaha-6.jpg

▲録音するマイクを選択

準備ができたら、「録音」ボタンをタップして録音を開始する。録音が終了したら、その場ですぐに再生できる。また採用テイクは「保存する」をタップするとステレオミックスのMP3形式に変換された上で「即レコ24」専用のクラウド上に保存される。

110930-yamaha-7.jpg

▲「録音する」ボタンをタップし、レコーディング開始

110930-yamaha-8.jpg

 

110930-yamaha-4.jpg

▲スネアに設置されたマイク

110930-yamaha-10.jpg

▲その場で再生、「保存する」でクラウド上にアップロード

保存された音源データは14日間保存される。その間「即レコ24」サイト(http://www.sokureko24.jp/)の「マイページ」にログインして、試聴や最長20分のダウンロード(192kbps)が可能だ。今まではファイル共有サービスにデータをアップロードして、そのURLを知らせて……と何かと手間のかかっていたメンバー間での音源の共有も、ログインひとつで簡単に実現できる。

110930-yamaha-11.jpg

▲「即レコ24」マイページログイン画面

110930-yamaha-12.jpg

▲試聴、ダウンロード、有料メニュー画面

さらに有料のオプション・サービスでは、スマートフォンでの試聴(アプリ)、高音質・長時間での音源データダウンロード、24チャンネルマルチ音源ダウンロード/DVD(Cubaseでの編集が可能)などを利用できる。それぞれの料金は以下のとおり。

サービス内容 料金(税込)
スマートフォンストリーミング試聴アプリ(iPhone/Android対応端末のみ対応) 350円/3か月
高音質・長時間ダウンロード(320kbps、最長60分/回) 315円/月
高音質・長時間ダウンロード(320kbps、最長120分/回) 525円/月
24チャンネルマルチ音源ダウンロード(WAV、最長10分) 525円/回
24チャンネルマルチ音源DVD(WAV、最長60分) 2,100円/枚

本サービス開始の10月15日(土)時点で導入スタジオは首都圏20店(導入スタジオ一覧)、順次対応スタジオを拡大していくとのこと。料金は各スタジオの利用料金によるので、利用店舗に確認してみよう。

関連リンク

ヤマハ株式会社

即レコ24

導入スタジオへ要問い合わせ
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ヤマハ マーケットRAND部 MGプロジェクト
TEL: 03-5488-6703 http://www.sokureko24.jp/

TUNECORE JAPAN