センシティヴでふくよかなサウンドを持つパールのメタル・スネアドラム

pearl SensiTone Elite~Classic~ STE14575SC

PRODUCTS by 編集部 2011/05/09

110422_SensiTone_Elite_Classic-main

パールの代表的なメタル・スネアドラムであるSensiTone Eliteシリーズに、よりセンシティヴでふくよかなサウンドを持つ新製品「SensiTone Elite~Classic~」が加わった。

「SensiTone Elite~Classic~」(型番:STE14575SC)は、 深さを5.75″に設定したオルタナティヴサイズのニッケルメッキで仕上げた1mmスチール・シェルに、最新の”FAT TONE”フープや、メッキレスで太めのS-030NUスナッピーなどを採用したモデル。これらの組み合わせによってメタル特有の倍音が適度にコントロールされ、中低域でまとまりのある芯の太いサウンドを実現している。

SensiTone Elite~Classic~の主な特長

ニッケルメッキフィニッシュ・スチールシェル

ニッケルメッキの上質なルックスに加え、深さを5.75″に設定。これはタムタムのオルタナティヴ・サイズ(浅胴/深胴の中間サイズ)と同様のコンセプト。メタルスネア浅胴のスタンダードである深さ5″と深胴の6.5″の中間サイズにすることによって、浅胴のアタック感、深胴のヴォリューム感のバランスが絶妙となり、チューニング次第で幅広いジャンルに対応可能。

FAT TONE フープ

新開発のFAT TONEフープ。1.6mm厚のスチールフープのエッジ部を内側に曲げるだけでなく、その部分を溶接することにより、通常形状のスチールフープよりタイトに、ダイカストフープより倍音が適度にコントロールされ、引き締まったまとまりのあるサウンドに貢献。

S-030NU 24本ハイカーボンスチールスナッピー

深さを5.75″にしたことによるスナッピー・レスポンスのバランスをとった通常より本数の多い24本線のスナッピーで、ピュアなスナッピーサウンドに貢献。メッキレス仕様。 

シェル内蔵ミュート

1970年代~80年代前半にかけて主流であった内蔵ミュートを採用。フェルト製でダイアルによってミュート具合を調整可能。

▼FAT TONE フープ(左)と、S-030NUスナッピー及びシェル内蔵ミュート

pearl

SensiTone Elite~Classic~ STE14575SC

44,100円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
パール楽器製造
TEL: 047-484-9111 http://www.pearlgakki.com/

【SPECIFICATIONS】
●Size:14"x5.75"●Shell:1mmスチールシェル w/センタービード加工/ニッケルメッキ(表面クリアラッカー)●Hoops(Top/Bottom) :FATTONE HOOPS (FH-1410/FH-1410S)●Lugs:TB-50●Tension Rods:SST-5052●Strainer:SR-17A/SR-18E●Snare Wire:S-030NU(メッキレスタイプ)●Drum Heads(Top/Bottom) :REMO Coated (A) / Snare Side●Innner Mute:IM-100

TUNECORE JAPAN