新コンセプト「TonePrint」を採用したTC Electronicのエフェクト・ペダルが日本に上陸

TC Electronic Flashback Delay & Looper/Hall Of Fame Reverb/Corona Chorus/Shaker Vibrato/Vortex Flanger

PRODUCTS by 編集部 2011/03/24

TC Electronic社の新コンセプト「TonePrint」に対応したエフェクト・ペダル5機種が、日本国内で間もなく発売される。

TC Electronic社の新コンセプトである「TonePrint」は、The NAMM Show 2011で発表されたもので、ひとことで言うとエフェクターの各ツマミ類に割当られているパラメーターを「再定義」できる機能のことだ。

通常、エフェクターのパラメーターはメーカーが決め、ユーザーはその範囲内で利用するしかないわけだが、「TonePrint」の持つ再定義機能を使えば、たとえばディレイ・タイムの調整幅を200ms〜1,000msから100ms〜1,500msに拡張する、といったことが可能となる。

そしてTC ElectronicのWEBサイト内の専用ページ(http://www.tcelectronic.com/toneprints.asp)では、このTonePrintのさまざまなパターンが無償で提供されており、ユーザーはそれをダウンロードし、USB経由でエフェクター内部に取り込むことにより、パターンの利用が可能となる。

またこれらのパターンの設計には、TC Electronic社のエンジニアだけでなく、スティーヴ・モーズ、ダグ・アルドリッチ、バンブルフット、オリアンティなどの一流ギタリストたちも関わっている。つまりユーザーは、ギタリスト自身がカスタマイズしたサウンドそのものを、TonePrintにより手に入れることができるわけだ。

TonePrintに対応した製品は今のところ下記の5機種。いずれも2011年3月29日(火)に店頭販売が開始される。

Flashback Delay & Looper

TCデジタルディレイの名機「TC2290」のダイナミックディレイ機能のレプリカやユニークなリバースディレイなど9種類のディレイに加え、モノラル40秒/ステレオ20 秒のループ機能も搭載。

希望小売価格:21,000円

Hall Of Fame Reverb

TCの高品位スタジオ・リバーブ・プロセッサーの血統を継いだリバーブペダル。音の距離感を表現するアーリーリフレクションの密度からリバーブのテイルまで、圧倒的な説得力と明確なアイデンティティを持つ。

希望小売価格:18,375円

Corona Chorus

SCFを代表とするTCの伝説的なコーラスサウンドを得られるコーラス・ペダル。クラシックな ’80sクリーン・コーラスから最先端の現代的なコーラスまで、幅広いコーラスサウンドを実現。

希望小売価格:18,375円

Shaker Vibrato

繊細な揺らぎから強烈な揺れまで、幅広いビブラートを実現。「Rise Time(ライズタイム = 立ち上がり時間)」機能を搭載し、レズリー等の回転スピーカーの立ち上がりのような効果を得ることができる。

希望小売価格:18,375円

Vortex Flanger

古典的なテープデッキ2台の同時再生による繊細な揺らぎから747ジェット機の離陸並みの派手な効果まで、フランジャーが必要とされるあらゆる場面に対応。

希望小売価格:18,375円

TC Electronic

Flashback Delay & Looper/Hall Of Fame Reverb/Corona Chorus/Shaker Vibrato/Vortex Flanger

本文参照
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
TCグループ・ジャパン
TEL: 03-5302-4947 http://www.tcgroup-japan.com/

TUNECORE JAPAN