ALLEN&HEATHのiLiveファミリーに新製品が仲間入り

ALLEN&HEATH xDR-16、Dante Audio Interface Card、iLive MixPad、他

PRODUCTS by 編集部 2011/02/22

ALLEN&HEATHのデジタル・ミキシング・コンソール・システム「iLive」シリーズに、新たなファミリーとなる製品が加わった。

今回「iLive」シリーズに仲間入りしたのは、オーディオネットワークカード2機種、拡張I/Oオプション、iPad専用コントロールの4つ。またファームウェアもVer.1.7からVer1.8へとバージョンアップされた。

Dante Audio Interface Card

オーディオネットワークカード
210,000円

ミリセカンド以下のレイテンシー、64×64双方向のオーディオを伝送が可能、iLiveのミックスラック、またはサーフェイス(モジューラータイプ対応)に装着が可能。標準インターネットプロトコルを使用してのデジタルオーディオネットワークの構築ができる。

RockNet Audio Interface Card

オーディオネットワークカード
価格未定

xDR-16

拡張I/Oオプション
398,000円

16アナログ入力/8アナログ出力を装備、簡単に既存のiLiveミックスラックへ接続することができ、CAT5ケーブル1本で最大120mまでデジタル オーディオ伝送とコントロールをすることが可能。これによりFOH側/ステージ袖など必要な場所へ設置を容易に図ることができる。

iLive MixPad

iPad専用コントロール
11,500円
(無料版もあり)

iLiveデジタルミキサーのためのiPadアプリ専用のミキシングツール。ワイヤレスによるリモートコントロールが可能なため、ステージ上、またはステージから離れた場所から自由に正しいミックス調整をすることができる。

[iLive MixPadで可能となる操作]
●全インプットチャンネル、ミックスマスター、FXセンド・リターン、DCAへのアクセス
●フェーダーレベル、ミュート、パン
●DCA、ミックスアサイン
●プリアンプゲイン、Pad、ファンタム電源(48V)
●トリム、HPF、Gate、PEQ、GEQ、Comp、Limiter、De-Esser、Delays
●チャンネル名とカラーの変更
●GEQ上のRTAとPAFL
●ストリップとレイアウトのカスタマイズ
●MixPadの背景カラーの変更など

iLive Ver1.8

ファームウェア
無料

ファームウェアの新バージョン。iLive MixPad、xDR-16拡張ユニットのほか、様々な機能を追加。中でも重要な機能は「シーンセーフシステム」で、従来のチャンネル単位のセーフ設定から、より細かい設定が可能となった。加えて、コンプレッサータイプを8つのアルゴリズムから選択でき、インストゥルメント、ミキシングスタイルなどに適した調整が可能。

ALLEN&HEATH

xDR-16、Dante Audio Interface Card、iLive MixPad、他

本文参照
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
コモドマッティーナ
TEL: 03-5808-5912 http://www.comodo-mattina.com/

TUNECORE JAPAN