EastWestのロック音源「Ministy of Rock」の続編が登場

EastWest EW201 Quantum Leap Ministry of Rock 2

PRODUCTS by 編集部 2011/02/16

株式会社ハイ・リゾリューションは、米EastWest社の高音質ソフトウェア音源「Ministry of Rock 2」の販売を、2011年2月16日より全国の販売店およびハイリゾリューションウェブストアにて開始することを発表した。

「Ministry of Rock 2」(ミニストリーオブロック2)は、リアルで即戦力となるロック音源として名を馳せた「Ministy of Rock」の続編だ。

主な特長

  • 57GB容量/のロックサウンドに特化した音源
  • カテゴリ分けされたサウンドブラウザー
  • プロデューサーのNick Phoenixと、Doug RogersとRhys Moodyによって収録された、プロクォリティのサウンド
  • カスタマイズ可能なドラムキット
  • 生のドラム演奏を実感するライブテクノロジー
  • ギターとベースは、デュアルチャンネルで収録
  • すべてのギターで様々な奏法を実現
  • QL Hardcore BassとHardcore Bass XPのサウンドをすべてリマスターした上で収録
  • Windows 64ビットシステムにネイティブ対応
  • PLAYエンジンによる最適化された音質
  • 他のPLAYエンジンのソフトウェア音源と同時読込みと使用可能
  • スタンドアローンおよび業界標準のプラグイン形式:VST/RTAS/AUに対応

ドラムサウンド

  • ドラムは、EASTWEST Studio 1にて、DWとGretschそしてLudwigという3つの基本キットと、6つのスネアを収録。
  • 収録の際は、Neve、Neumann、Telefunken、AKG、Manley、Fairchild、Royerといった新旧の銘機を使用。
  • 新たにドラムミキサー、カスタムキットの作成、生演奏を再現するライブテクノロジーを装備。

ギターサウンド

  • ギターは、FenderのJaguarやTelecaster Thinline、Carvinの7弦、Gibson Les Paul、Schecterの7弦を、FenderやDivided By 13、Marshall、Mesa Boogie、BognerやVOXを通して収録。
  • すべてのギターにおいて、ラウンドロビン、ハンマーオン/プリングオフレガート、スライディングレガートなどの奏法を実現。

ベースサウンド

  • ベースは、生産完了になったEastWestの音源「Hardcore Bass」と「Hardcore BassXP」に収録されていたFender、Hofner、Gibson、Silvertone、Rickenbacker,Musicman and Lakland bassesの各音源をリマスタリングしたのに加えて、新たに7000サンプルとトゥルーレガートのMusicman Stingray 5弦ベースを収録。

実勢価格は49,800円前後。

EastWest

EW201 Quantum Leap Ministry of Rock 2

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ハイ・リゾリューション
TEL: 03-5775-6290 http://www.h-resolution.com/

【SPECIFICATIONS】
●Mac OS X 10.5以降またはWindows XP sp2以降(Windows 64bitネイティブ対応)●Intel Core 2 DUO 2.1GHz(Mac)またはAMD Dual Core 2.1GHz(Win)以上のプロセッサー(2.66GHz Core 2 Quad推奨)●2GB以上の実装RAMメモリ(4GB推奨)●40GB以上の空きHDD容量●DVDドライブ(インストールに必要)●iLok Smart KeyとUSBポート●インターネット接続環境とiLokアカウント(製品のオーソライズに必要)

TUNECORE JAPAN