iPadをアナログ・シンセ・スタジオに変貌させる「KORG iMS-20」登場

KORG iMS-20 for iPad

PRODUCTS by 編集部 2010/11/10

株式会社コルグが、アナログ・シンセの名機「MS-20」をiPad専用アプリとして完全再現した「KORG iMS-20 for iPad」のダウンロード販売を、11月9日より開始した。

「KORG iMS-20 for iPad」は、1978年に発売されたモノフォニック・シンセサイザー「MS-20」をiPadアプリとして再現した製品だ。コルグ独自の電子回路モデリング・テクノロジー”CMT”を使い、独特の歪みを持ち自己発振するハイ・パス/ロー・パス・フィルターをはじめ、オリジナル「MS-20」の全てが再現されている。

また、「MS-20」と同じ1978年に発売されたアナログ・シーケンサー「SQ-10」をベースに再設計された16ステップ・アナログ・シーケンサーも装備。ノートやボリューム/パン・コントロール、シンセ/エフェクトのパラメータ・コントロールなど、オリジナルにはなかった改良が施されている一方、3チャンネルのボルテージ・コントロールや、6種類のシーケンス・モードなど、ユニークな機能は健在。

加えて、6パート/16ステップのドラム・マシンも装備。各パートのステップ・ボタンを押すだけで簡単にリズム・パートを作成することができ、ノートの音程や長さを調整してベース・パートやメロディ・パートとして使用することもできる。作成したパターンは16個持つことができ、並べてソングにすることも可能。MS-20とミキサーにはエフェクトも搭載されているので、これ1台でクオリティの高い楽曲制作ができる。

さらに、パッドを指で擦って演奏することで音楽を生み出すKAOSS PAD機能も搭載。このKAOSS PADは演奏用と各種パラメータ・コントロール用に2基用意されており、音楽ジャンル別に用意されたテンプレート・パターンを再生しながらKAOSS PAD上を指で擦っているだけで、誰にでもクールな音楽が作れる。

そして、オーディオ・データとソング・データを音楽配信共有サイトの「SoundCloud 」(http://soundcloud.com/)で簡単に公開/共有する機能も備えられている。

発売日は2010年11月9日で、Apple社のApp Store(iTunes Store内)にてダウンロード販売中。レギュラー・プライスは3,800円だが、2011年1月31日までは1,800円の発売記念プライスで購入できる。

KORG

iMS-20 for iPad

3,800円(発売記念価格:1,800円)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
コルグ お客様相談窓口
TEL: 0570-666-569 http://www.korg.com/jp/

TUNECORE JAPAN