ローランド「R-09HR」のバージョン3.0システム・プログラム公開

PRODUCTS by 編集部 2010/09/03

ローランドのリニアPCMレコーダー「R-09HR」のバージョン3.0システム・プログラムが、2010年9月1日に同社のホームページで公開された。

今回公開された「R-09HR Ver.3.0」は、レコーダーとしての”使いやすさ”を徹底追求し、さらに快適なフィールド・レコーディングを実現するR-09HRの最新システム・プログラムだ。入力レベルを自動調整する「リハーサル機能」をはじめ、ファイル編集機能の強化や省電力モードを追加。さらに、メニューやファイル名などの日本語表示にも対応した。

R-09HR Ver.3.0 追加機能

  • 大型文字でわかりやすい日本語表示に対応
    メニューやファイル名が日本語表示に対応。文字も大きくわかりやすいので、レコーダーに馴染みのない人でも、迷うことなく操作できる。
  • 録音時の入力レベルを自動設定するリハーサル機能を搭載
    一般的なAGC(Auto GainControl)とは異なり、ダイナミック・レンジを保持しながら、録音シーンに最適な入力レベルへ自動設定する。
  • トリム編集、MP3エンコード対応などファイル編集機能を強化
    録音ファイルの必要な部分のみ取り出すことができるトリム処理や、MP3 ファイルへの変換を本体のみで行える。
  • 電池駆動時の長時間使用を可能にするエコ・モードを装備
    一般的なレコーディングに必要な機能のみ使用可能にすることで、連続録音時間を約7.5 時間まで拡大する。(※通常モードでは約4.5 時間)

 

TUNECORE JAPAN