多彩な音色と強力なレコーダー機能を装備したローランドのシンセサイザー「JUNO-Gi」

Roland JUNO-Gi

PRODUCTS by 編集部 2010/09/03

多彩な音色や8トラックのレコーダー搭載で、ライブ演奏から本格的な曲づくりまで幅広く活躍する、軽量コンパクトな電池駆動対応の61鍵シンセサイザー「JUNO-Gi」が、ローランドより2010年9月10日(金)に発売される。

「JUNOシリーズ」は、いい音/軽量/簡単操作をコンセプトにしたシンセサイザーで、幅広い層のユーザーから好評を得ている。今回発売となる「JUNO-Gi」は、最新のサウンドを搭載しライブ演奏をよりパワフルに行えることに重点を置き、さらに、より簡単に曲づくりできることにも着眼した製品だ。

バンドのライブで即戦力となる1,300種類以上のサウンドを「ライブ・セット」として搭載。88鍵ステレオ・マルチ・サンプリング・ピアノやエレクトリック・ピアノ、オルガン、ストリングス、シンセサイザーなどを最大4音色重ねられ、重厚なサウンドで演奏を楽しめる。さらに鍵盤を分割して異なる音色を演奏する「スプリット」、自動で分散和音を演奏する「アルペジエーター」を駆使して制作された「スペシャル・ライブ・セット」も新しく収録。分厚く複雑に絡み合うサウンドで、ライブのオープニングなどドラマティックな演出が可能。これらはすべて、パネル上のボタン一つで呼び出し可能なので、ライブ演奏中でも瞬時に目的のサウンドへ切り替えられる。

また、バンド・メンバーの演奏まで録音できる8トラック・レコーダーも搭載。マルチ・トラック録音ができ、しかもリズム・トラック付きなので、この一台があればリハーサルで気軽に曲づくりが可能。また、ギター・エフェクトでプロからも高い定評のあるBOSS「GT-10」クラスのインサート・エフェクトを本体に搭載。ギターやマイクなどを本体に直接ケーブルでつなぎ、ギターやボーカルの音に直接エフェクトをかけて、本格的な音づくりとレコーディングを楽しめる。

ローランド製品発表会で行われたJUNO-Gi「8トラック・レコーダー」デモンストレーション

さらに、本体重量を従来機種より500g軽量化して、自宅から練習スタジオやライブ・ハウスへの可搬性を向上。5.7kgの軽量コンパクト・ボディと電池駆動対応で、ストリートなど電源確保の難しい屋外などでも活躍する。

JUNO-Giの主な特長

  • 高音質&簡単操作。ライブ・ステージ即戦力のキーボード・シンセサイザー。
  • 気軽にオーディオ録音を楽しめる8トラック・デジタル・レコーダーを装備。
  • どこでも演奏が楽しめる軽量コンパクト・ボディー&電池駆動対応。
  • USB Audio/MIDI対応でPCとの連携も充実。
  • 本格的な音楽制作が行えるCakewalk Production Plus Packを同梱。

Roland

JUNO-Gi

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ローランド お客様相談センター
TEL: 050-3101-2555 http://www.roland.co.jp/

TUNECORE JAPAN