ヤマハ、MOTIFシリーズの最新機種 XFを発表 福田裕彦がデモンストレーション

YAMAHA MOTIF XF6/XF7/XF8

PRODUCTS by 編集部 2010/08/20

登場以来10年という節目を迎えたMOTIFに新モデル「XF」が発表された。発表会では、2001年の最初期モデルからMOTIFを愛用しているキーボーディストの福田裕彦がXF7とXF8の機能を演奏を交えて説明を行い、最新機種の特徴とその魅力をアピールした。

MOTIF XFの特徴は以下の通り。

  • 多種・高品位の音色群
    ピアノ・エレクトリックピアノ、管弦楽器のほか、ギター・ベース・ドラムなどアコースティック楽器の音色を豊富に搭載している。ピアノ音色は、グランドピアノ ヤマハ CFシリーズやSシリーズをサンプリング。
  • 合計741MBの大容量波形
    グランドピアノ S6、クラビネット、オルガンなど128種類、ドラムキット8種類を追加し、計 1,353音色が搭載されている。
  • 7,881種のアルペジエーター
    2001年登場のMOTIFで256種だったアルペジオパターンが、モデルチェンジごとに増加し、今回では7,000種類以上となっている。
    XFでは、クラブミュージック風、ドラム、パーカッションのフレーズ、エンディング用アルペジオを1,248種類追加した。
  • オプション:フラッシュメモリーエクスパンションモジュールFL512M(512MB)/FL1024M(1GB)
    最大で2枚(2GB)まで搭載できるフラッシュメモリーにデータを取り込み、内蔵の音色とあわせて約3GBの音色波形をMOTIF XFで活用できる。
  • 鍵盤
    • MOTIF XF6:61鍵
    • MOTIF XF7:76鍵 FSX鍵盤
    • MOTIF XF8:88鍵 BH (バランスドハンマー )鍵盤

発表会では、キーボーディストの福田裕彦によるデモンストレーションが行われた。

 

motif2.jpg

福田裕彦は2001年のMOTIF発売当時から今に至るまでの機能向上、とりわけ音色の充実、アルペジエーターの種類の多さについて、新モデルが出るたびにその実力を実感していたという。新モデルのXFについては、上記のような機能向上のほか、液晶画面の見易さを評価。「上下の表示内容を入れ替えることもできるので、重ねて使用するときも見やすい」と語った。

 

YAMAHA

MOTIF XF6/XF7/XF8

MOTIF XF6/XF7/XF8:オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ヤマハ お客様コミュニケーションセンター シンセサイザー・デジタル楽器ご相談窓口
TEL: 0570-015-808(ナビダイヤル)、053-460-1666(携帯電話、PHS、IP電話) http://jp.yamaha.com/products/music-production/

【SPECIFICATIONS】
XF6:
●寸法:幅1,045 mm、高さ122 mm、奥行き391 mm、重量15.1 kg●鍵盤数:61●鍵盤種:FSX鍵盤
XF7:
●寸法:幅1,252 mm、高さ122 mm、奥行き391 mm、重量17.2 kg● 鍵盤数:76●鍵盤種:FSX鍵盤

XF8:
●サイズ/重量:幅1,439 mm、高さ168 mm、奥行き 466 mm、重量28.9 kg●鍵盤数:88●鍵盤種:BH (バランスドハンマー)鍵盤

TUNECORE JAPAN