イスラエルのブランド「PIGGYFX」のハンドメイド・エフェクターが日本上陸

PiggyFX LARD Booster/SchweineFleisch Fuzz/Brown Pig Distortion、他

PRODUCTS by 編集部 2010/08/30

モントルー社が、イスラエルのハンドメイド・エフェクター・ブランド「PIGGYFX」(ピギーエフエックス)の製品の取り扱いを開始した。

PIGGYFXは、2004年にイスラエルのテルアビブで2人の技術者により創立されたブランドだ。「美しいノイズで世界を満たそう!」というスローガンのもと、ヴィンテージの名器をリスペクトしつつ、オリジナリティを盛り込んだ数々のペダル・エフェクターを発売し、耳の肥えたミュージシャンたちの注目を集めている。

以下で紹介するのは、今回モントルー社によって取り扱いが開始された製品たちだ。なお、すべての製品はトゥルーバイパス仕様。電源は、一般的な2.1mmジャック、センター・マイナスの9VDCアダプターのみの対応となる(9V 006P乾電池での駆動は不可)。

 

PIGGYFXの製品

Lard Booster(21,000円)

ラード・ブースター(LARD Booster)は、入力音を歪ませず音量をアップして出力するクリーン・ブースター。ギターのギターらしい音色を損なわず、余計な添加をすることなくボリュームのみを増幅する。

LEVELノブがセンター位置で入出力が1:1になるよう設定されているため、ボリュームアップのみならず、音を痩せさせることなくボリュームダウンさせるといった用法も可能。

一般的なペダルの半分というコンパクトな筐体も、ペダル・ボードの省スペース化に有効。

SchweineFleisch Fuzz(25,200円)

シュヴァイネフライシュ(Schweinefleisch FUZZ)は、Tone Bender Mk.IIのサウンドをターゲットに置きながら、さらなる有用性を高めたファズ・ペダル。

ファズ・サウンドの要であるトランジスターは、ゲルマニウムとシリコンの2種類を搭載。ゲルマニウムのぶ厚いロー〜ミッドと甘いサスティーン、シリコンの明確な細やかなニュアンスを両立。また、頭打ちになりがちなファズの効果に一段と深い歪みが得られるのも、2種類のトランジスターを搭載した強み。

一般的なエフェクト・ペダルの約半分という、コンパクトな筐体も魅力。

Brown Pig Distortion(29,400円)

ブラウンピッグ(Brown Pig Distortion)は、ハードロック&ヘヴィメタルのイメージを作り上げたマーシャル・アンプのハイゲイン・トーン、いわゆる”ブラウン・サウンド” もしくは”プレキシ・サウンド”をターゲットにしたディストーション・ペダル。

増幅回路にはOPアンプではなく真空管に特性が近いFETを使用。ハリ・ツヤがあり、太くてウォームなあのトーンを実現している。ドライブ/クランチ切り替えスイッチにより、シングルコイルにもハムバッカーにも対応し、幅広いサウンドメイクが可能。

ハードロックやヘヴィメタル等、骨太で存在感のあるドライブ・サウンドを目指すギタリストにお薦め。  

D.U.I Overdrive(29,400円)

ディー・ユー・アイ(D. U. I Overdrive)は、非対称クリッピング・ドライブ回路を搭載し、アンプライクな歪みが特徴のペダル・オーバードライブ。ハードに歪ませた場合でも、ギターらしいふくよかな音色と煌びやかなハイエンドを失わず、ピッキングやハーモニクスをニュアンス豊かに再現する。

また、DRIVEをミニマム近くに設定すれば、LEVELの調節によって原音にハリと太さを与える、ブースター的用法も可能。原音をスポイルせず、余計な色付けをせず、ギタリストの意志を増幅する、オールラウンドなペダル。

Wild Boar Fuzztortion(29,400円)

ワイルドボア・ファズトーション(Wild boar Fuzztortion)は、歪み系ペダルの定番中の定番・Big Muffのサウンドを、よりモダンにアレンジしたファズ&ディストーション。

シリコン・トランジスタとクリッパーLEDを搭載したドライブ回路、そして極めて効きのよいハイパス・フィルターにより、よりパワフルでより扱い易く、幅広いサウンドメイクが可能。

サスティーンが効いたファズ・トーンから超爆音ディストーションまで、バリエーション豊かな歪みをクリエイト。

Tank Reverb(33,600円)

タンク・リヴァーブ(TANK Reverb)は、スプリング・リヴァーブの響きをデジタルでエミュレートした、リヴァーブ・ペダル。スプリング独特の残響音と減衰感を、忠実に再現。

コンパクトな筐体にコントロールはMIXのみというシンプルさながら、暖かみがあり透明感に溢れた響きは、高価なブティック・エフェクターに勝るとも劣らない。

ペダル・ボードに搭載してもアンプのエフェクトループに接続しても、タンク・リヴァーブは大きな威力を発揮。

Oinkomp(33,600円)

オインコンプ(OINKOMP Compressor)は、ROSSの通称”グレイ・コンプ”をより使いやすく進化させたペダル・コンプレッサー。

粒立ちの絶妙な揃い具合や、気持ちのいいサスティーンは、伝説的名器の味わいそのまま。余裕あるヘッドルームがもたらすそのサウンドはクリアーで透明感があり、原音への余計な色付けを一切感じさせない。

また、オリジナルと同じLEVELとSUSTAINノブに加え、新たにATTACKコントロールを搭載。アタックのさらに細かいセッティングが可能になった。

積極的なサウンドメイクにも隠し味にも使える、万能型のコンプレッサー。

Flash Drive Overdrive(29,400円)

フラッシュドライブ(Flash Drive Ooverdrive)は、ギターサウンドに活力を与え、太くウォームに増幅するペダルオーバードライブ/ゲインブースター。

DRIVEノブを最大値にセットしても、音像は潰れることなく芯は明確。表現力豊かにピッキングニュアンスを際立たせるクランチ・トーンは、シングルコイル・ピックアップと最高の相性を誇る。

絶妙にセッティングされたハイ&ローEQを備え、汎百の「TS系」とは一味違うサウンドバリエーションとフレキシビリティを持ったエフェクター。

Space Hog Delay(47,250円)

スペースホッグ(Space Hog Delay)は、演算処理をデジタル回路に、その他の信号経路を全てアナログ回路でまとめることで、操作性と暖かみのある音質を両立させたディレイ・ペダル。

ハイ落ちや早いパッセージでの音の潰れ感まで、アナログテープエコーの特性を徹底的にエミュレート。最大450msのディレイ・タイムを持ち、昔風のスペーシーなエコーから無限に繰り返すディレイまで、幅広いセッティングが可能。

Black Pig Hi Gain Distortion(44,100円)

ブラックピッグ(Black Pig hi gain Distortion)は、ライトな歪みやクランチを完全に切り捨てた、ワイルドなハイゲイン・ディストーション。

2段階のゲイン回路に加え、極めて効きのよい3バンドEQを装備。クラシカルなスタックアンプの歪みから、モダンなハイゲインアンプの爆音まで、パワフルで存在感のあるサウンドをクリエイトする。

壁のようなぶ厚いボトムを持ちながら、バリッとしたアタック感やハーモニクスは健在。ハード&メタルサウンドを追求するギタリストに、ぜひ試して欲しいペダル。

Custom Phaser(39,900円)

カスタム・フェイザー(PIGGYFX Custom Phaser)は、均整が取れた音楽的な響きが自慢のペダル・フェイザー。

余計なギミックを付け加えず、エレクトリック・ギターが持つ音色の旨味を最大限に生かすよう、慎重なチューニングが加えられている。ピッキングの強弱にヴィヴィッドに反応する揺れ・フェイズシフト感は絶妙。

ファンク・ロック・ジャズ、フェイザーを使用するあらゆるギタリストに試して欲しい1台。

Custom Chorus(39,900円)

カスタム・コーラス(PIGGYFX Custom Chorus)は、アナログBBD素子ならではのウォームかつ煌びやかなサウンドを誇るペダル・コーラス。

ハイやローが際立ち過ぎる事なく、ギター本来の豊かなトーンを出力する設定は絶妙。爽やかなコーラス効果や金属的なダブリング、カオス感溢れるモジュレーションまで、幅広い効果を実現。

エレクトリック・ギターのみならず、エレアコやベース、キーボードにもぜひ試して欲しいペダル。

Custom Octave Fuzz(39,900円)

カスタム・オクターブ・ファズ(PIGGYFX Custom Octave Fuzz)は、Octaviaのサウンドを基本にしつつ、さらに有用性を高めたファズ・ペダル。

深く歪ませた時に得られる強烈な効果は、このモデルならでは。5度やオクターブで2本の弦を弾けばリングモジュレーター的な金属音を発生させ、ディミニッシュ系のコードではカオス感溢れるノイズを出力する。その一方でピッキングの強弱には素直で、速いパッセージでも粒立ちは明確。

プレイヤーの技術と創造性を引き立たせるペダル。

Custom Octavia(37,800円)

カスタム・オクタヴィア(PIGGYFX Custom OCTAVE FUZZ)は、Foxxが1970年代前半に販売した幻の名器Tone Machineを、よりホットに、より現代的にチューニングしたファズ・ペダル。豊かなサスティーンを持ち、粒立ちの粗い音色が特徴。

通常は太いロー〜ミッドのいかにもファズ的なサウンド、OCTAVEフットスイッチをONにすれば、ミッド〜ハイが前に出てディストーション的な響きに。

1970年代ロックからグランジやパンクまで、ラウド志向のギタリストに広く使って欲しい1台。

Custom Tremolo(37,800円)

カスタム・トレモロ(PIGGYFX Custom Tremolo)は、フルアナログ回路で構成された高品位のトレモロ・ペダル。

コンパクトながら余裕あるヘッドルームを持ち、太く温かみがあるエフェクト音を実現。振幅・効果量の可変幅も広く、必要に応じて低音をカットするSHAPEノブも効果的。

エレクトリック・ギターの音域に最適なチューニングを施された、単なるレトロな雰囲気の追求に留まらない、独創性溢れるペダル。

Custom Bass Fuzz(33,600円)

カスタム・ベース・ファズ(PIGGYFX Custom Bass Fuzz)は、ベースギターに合せて調整されたファズ・ペダル。

ヘビーボトムの輪郭をハッキリと出力し、ピッキングにも素早く追従。FUZZノブでオクターブ音を増減させ、フルアップ時にはギターにオクターブ下を重ねたようなファズ・トーンに。また、FUZZを完全に絞れば、INPUTノブと LEVELノブで、オーバードライブ的な用法も可能。

ラウドで荒々しいサウンドを求めるベーシストが待ち望んでいた、多用性に溢れるデバイス。

PiggyFX

LARD Booster/SchweineFleisch Fuzz/Brown Pig Distortion、他

本文参照
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
モントルー
TEL: 042-202-0479 http://www.montreuxguitars.com/

TUNECORE JAPAN