パフォーマンスの幅を広げるルーパー/フレーズサンプラー「JamMan STEREO」、DigiTechより登場

DigiTech JamMan STEREO

PRODUCTS by 編集部 2010/08/02

DigiTechより、最大198のループを保存できるルーパー/フレーズサンプラー「JamMan STEREO」が新発売された。

JamMan STEREOは、最長35分、最大99ループものCDクォリティのレコーディングが可能な内部メモリーを備えたルーパー/フレーズサンプラーだ。16時間(99ループ)のレコーディングが可能なSDメモリーカードを装着できる拡張スロットも装備。モデル名の通り、ステレオ・レコーディング、ステレオ・プレイバックに対応し、リバース再生やマイク入力も可能。バッキング・トラックの再生やDJアプリケーションでの利用に最適なモデルとなっている。

また、USB機能を利用して、無償でダウンロードできるソフトウェア「JamManager」との連動が可能。この「JamManager」を使用することで、オリジナルのループのバックアップやライブラリー管理、ライブのためのJamListの作成も可能になる。

価格は49,350円。

JamMan STEREOの主な特長

  • 内蔵メモリーに最長35分、最大99のステレオ・ループが保存可能。
  • 別売の外部メモリー(SD/SDHCメモリーカード)に最長16時間、最大99のステレオ・ループが保存可能。
  • 内蔵メモリーと外部メモリーを合わせると、最大198のループを持ち歩ける。
  • リバース再生が可能。
  • デジテックから無償でダウンロードできるソフトウェアJamManagerとの連動が可能で、ループのバックアップ作成やメモリー内のループの並び替えなどが行える。
  • 小節のつなぎ目を完全に合わせることが可能なオートクォンタイズ機能を装備。
  • CDやMP3プレイヤーのソースを録音可能なAUX入力を装備。
  • 3つのストップ・モード(ストップ、フィニッシュ、フェードアウト)が選択可能。
  • ループのピッチを変えることなく、プレイバックスピード速くしたり遅くしたりすることが可能。
  • ダイナミックマイクやセルフ電源タイプのマイクに最適なバランスXLRマイク入力を装備。
  • ループの作成、フレーズのオーバーダビング、ソロプレイまでを、全てハンズフリーで行える優れた機能性。
  • 複数のサウンドと拍子を持つメトロノームを装備。
  • 演奏するだけで自動的にループ・レコーディングが開始される、オートスタート・レコーディング機能。
  • オプションのフットスイッチFS3X(7,500円)を増設することで、さらに便利に使用ができる。
  • オーバーダビング可能な10のサンプル・ループを内蔵メモリーに録音済み。

DigiTech

JamMan STEREO

49,350円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
神田商会
TEL: 03-3254-3611 http://www.kandashokai.co.jp/

【SPECIFICATIONS】
●A/D/A コンバーター:24ビット●サンプリング周波数:44.1kHz●ループ・ファイル・フォーマット:44.1kHz, 16-bit(Stereo), 非圧縮wavファイル●USB:ハイスピードUSB2.0(USB 1.1互換)●内蔵メモリー容量:ループ時間合計35分 (最大99ループまで)●外部メモリータイプ(別売):SD/SDHC (最大32GB)●外部メモリー容量:全ループ合計約16時間, 最大ループ数99(10分×99ループ, 約7GB)●ACアダプター(付属):PS0913B(AC100V入力, AC9V出力, 1300 mA)●フットスイッチ(別売):DigiTech FS3X 3ボタン・フットスイッチ●サイズ:170(W) x 173(D) x 73(H)mm●重量:約1.01kg

TUNECORE JAPAN