フォノ信号、ライン信号を簡単にコンピューターに送ることができるALESISの「PhonoLink」

ALESIS PhonoLink

PRODUCTS by 編集部 2010/07/08

ALESISの新製品「PhonoLink」が、2010年7月22日(木)に発売される。

PhonoLinkを使えば、ターンテーブル、テープデッキ、ミキサーなど、フォノまたはライン・ステレオ信号を、16Bit/44.1kHzのスタジオ・クオリティで、ダイレクトにコンピューターのUSBポートに送ることができる。MacでもWindowsでもプラグ・アンド・プレイで接続可能。機材セッティングの煩わしさから解放してくれる便利な一品だ。

価格はオープンプライス。市場予想価格は4,980円。2010年7月22日(木)発売。

PhonoLinkの主な特長

  • フォノ、ラインレベルのステレオ信号をUSB変換(フォノ・ライン切替式)
  • 16bBit/44.1kHzのA/D変換
  • MacでもWindowsでもプラグ・アンド・プレイで接続可能
  • 全長約2m
  • クラス・コンプライアント対応

ALESIS

PhonoLink

オープンプライス(市場予想価格:4,980円)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ニュマークジャパンコーポレーション
TEL: 03-6277-2230 http://numark.co.jp/

【SPECIFICATIONS】
●ビットデプス:16bit●サンプリング周波数:44.1kHz ●Mac:OS 9.2以降●Windows:XP/Vista/7(32/64bit)●USBポート

TUNECORE JAPAN