コンパクト・エフェクターにルーパー機能を凝縮したDigiTechの「JamMan SOLO」

PRODUCTS by 編集部 2010/07/16

DigiTechから登場した「JamMan SOLO」は、コンパクト・エフェクターのサイズでありながら、画期的なルーパー機能を凝縮したルーパー/フレーズサンプラーだ。

99のループを最長35分保存できる内部メモリーを装備。さらに、SD/SDHCメモリーカードを使用すれば、99のループを合計16時間保存でき、合計198のループを扱うことが可能。

また、USB機能を利用して、デジテックのサイトから無償でダウンロードできるソフトウェア、JamManagerとの連動が可能。JamManagerを使用することで、オリジナルのループのバックアップやライブラリー管理、ライブのためのJamListの作成も可能になる。

価格は36,750円。

主な特徴

  • 最長35分のCDクオリティのレコーディング(99ループ)をメモリーに保存可能。
  • オプションのSD/SDHCメモリーカードには16時間のCDクオリティの99ループが保存可能(8GB以上のSDHCカードを使用した場合)。合計198種類のループ保存が可能。
  • ハンズフリー操作でリズムやソロのループ録音が可能。
  • ダウンロード可能なJamManagerを使用することにより、USBを通してループの管理が可能。また、JamManagerを使用することでカスタム・ジャムリストの作成を可能にし、JamMan本体に転送も可能。
  • CDやMP3から音源をインポートできるAux Inputを装備。
  • ベースライン、ドラム、ハーモニーなどを録音した音源に合わせて、あらゆるシチュエーションで演奏が可能。
  • ピッチを変更することなく曲のテンポを変更できるタイム・ストレッチ機能を装備。
  • 様々なリズムサウンドをもったメトロノームを装備。
  • 耐久性に優れたメタルシャーシを採用。
  • 専用パワーサプライ付属。
  • オプションのフットスイッチ「FS3X」(別売)を使用すれば、ループメモリーの選択、テンポのタッピングがハンズフリーで操作可能。

TUNECORE JAPAN