音楽作成ソフト「Singer Song Writer 9 Standard」、7月2日に発売

INTERNET Singer Song Writer 9 Standard

PRODUCTS by 編集部 2010/06/10

株式会社インターネットが、音楽作成ソフト「Singer Song Writer 9 Standard」(Windows版)を2010年7月2日(金)に発売する。

「Singer Song Writer 9 Standard」は、作曲、アレンジ、レコーディング、サウンドメイク、ミキシング、そしてマスタリングからリリースまで、音楽制作のすべてのワークフローをこなすためのAUDIO & MIDIを統合した音楽制作ソフトだ。上位商品の「Singer Song Writer 9 Professional」と同じAUDIOプロセッシング&MIDIエンジンを搭載し、高品位なサウンドクオリティ、柔軟で多彩なクリエイティブ力、優れた視認性と直感的な操作性、ハイエンドな制作環境を構築する拡張性など、あらゆる面で前バージョンから進化し、クオリティの高い音楽制作環境を実現している。

ラインナップは「Singer Song Writer 9 Standard」(33,600円)、「 Singer Song Writer 9 Standard アカデミック」(26,880円)、そしてTASCAM US-144 MK IIを同梱した「Singer Song Writer 9 Standard – First Studio Pack -」(41,790円)の3種類。発売は2010年7月2日(金)。

※価格はいずれもオープン・プライスで、上記のカッコ内の価格は店頭予想価格。

なお、2010年5月1日以降に「Singer Song Writer 8.0 for Windows」、「同・アカデミック版」をご購入したユーザー向けに、無償バージョンアップ・サービスも実施される。詳細は公式サイトで確認を。

Singer Song Writer 9 Standardの新機能

  • ユーザーインターフェースを一新。
  • AUDIO、MIDIトラックに加え、EFFECT、VSTi、ReWireトラックを装備し、追加・削除が可能。
  • ミキサーパネルに各トラックを任意にアサイン可能。
  • ソングエディタで、各トラックの入れ替え、複数のコントロールトラックを任意に表示可能。
  • AUDIOプロセッシング、MIDIエンジンを刷新し、同期の精度がさらに向上。
  • 多数のエフェクト、VSTi(インストゥルメント)使用時にトラック間のレイテンシーの違いを自動補正。
  • 新採用のAUDIOルーティングによりフレキシブルなミキシングワークが可能。
  • INPUTトラックを装備、入力レベルの調整が可能。
  • マルチコアCPU対応で、AUDIOプロセッシングを並列処理。
  • スライス機能を搭載。
  • フリーズ機能で複数エフェクト使用時のCPU負荷を軽減。
  • 自社開発のVSTプラグインエフェクト23種類を搭載。(他のDAWでは使用不可)
  • 8個までのVSTiを使用可能。
  • LinPlug社ALPHA3、Organ3を収録。(他のDAWでは使用不可)
  • VSTiのMIDIグルーブをドラッグ&ドロップで作成する楽曲に使用可能。
  • ReWireのホスト&クライアントに対応。
  • 従来のアレンジエクスプローラをソングエディタに統合。
  • 新搭載のフレーズウィンドウで6,000種類にも及ぶオーディオループ、MIDIフレーズ、コード進行素材をドラッグ&ドロップで使用可能。
  • ACIDファイルは、新開発のタイムストレッチ、ピッチシフトで、高音質でテンポやキーに合わせてストレッチ / エクスパンドされる。
  • スコアエディタ、ピアノロールエディタ内にステップエディタを同時に表示。
  • MIDIプラグインにオートハーモナイズ、ベロシティComp / Expを搭載。
  • MIDI信号を受けるVSTプラグインエフェクトの操作が可能。
  • Mackieコントロールに対応。

 

 

INTERNET

Singer Song Writer 9 Standard

オープン・プライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
インターネット
TEL: 06-6539-1941 http://www.ssw.co.jp/

【SPECIFICATIONS】
●対応OS:Windows 7(64bit / 32bit)、Vista(64bit / 32bit)、XP(32bit)●CPU:Intel Pentium 4 1.4GHz以上/ AMD Athlon 1.4GHz以上●メモリ:1GB以上●ディスプレイ解像度:1280×800ドット以上、フルカラー●インストールに必要なハードディスク空き容量:2GB以上●ハードウェア:6ビットステレオオーディオインターフェース(機能)、WindowsドライバもしくはASIO(1.0/2.0)対応で、使用するサウンドフォーマットに対応したオーディオインタフェース。推奨:ASIO対応オーディオインターフェース●対応MIDI音源:VSTi / GM / GM2 / GS / XG●製品インストール:DVD-ROM ドライブ●音楽CD作成:CD-R / RWドライブ、Windows Media Player 11以降(推奨12以降)が必要

TUNECORE JAPAN