ロックなサウンドがシンプルに作れるMarkbassのベース・アンプ・ヘッド「Little Mark Rocker 500」

Markbass Little Mark Rocker 500

PRODUCTS by 編集部 2010/06/17

Markbass_LittleMarkRocker500-main

Markbass(マークベース)のベース・アンプ「Little Mark」シリーズに、プリアンプ部に真空管を搭載した新モデル「Little Mark Rocker 500」が加わった。

「Little Mark Rocker 500」は、オーバードライブからディストーションまで、ワイドレンジなチューブ・ドライブ・サウンドが作れるベース・アンプ・ヘッドだ。

TUBE DRIVEコントロールにより、クリーン・サウンドとディストーション・サウンドのミックス具合を調整可能。ノブの位置を「9時」あたりにすれば、歪みが少し加わったゴリッとしたトーンになり、右に回せばさらにアグレッシブなドライブ・サウンドに。Rockerという名のとおり、ロック向きのサウンドが作れる仕様となっている。

Tube Drive以外のコントロールは、ベストセラー・モデルの「Little Mark III」と全く同様で、高域をなだらかにカットするVLE(ヴィンテージ・ラウドスピーカー・エミュレーター)と、中域カットのドンシャリ音を生むVPF(バリアブル・プリシェーブ・フィルター)も搭載。ベースの音作りに悩まずにすむシンプルさも特徴だ。

価格は136,500円。2010年6月発売。

▼リアパネル

Little Markシリーズ製品情報

Markbass

Little Mark Rocker 500

136,500円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
パール楽器製造
TEL: 047-484-9111 http://www.pearlgakki.com/

【SPECIFICATIONS】
●INPUTS:○インプット(1/4"ジャック)、インピーダンス 500KΩ、最大ボルテージ 15Vpp○エフェクト・リターン、インピーダンス 33KΩ、最大ボルテージ 10Vpp●CONTROLS:ゲイン、チューブ・ドライブ、ラインアウト、プリ/ポストEQ、グランド・リフト、ミュート、マスター・ボリューム●EQUALIZATION:ロー、ミッド・ロー、ミッド・ハイ、ハイ、VLE(ヴィンテージ・ラウドスピーカー・エミュレーター)、VPF(バリアブル・プリシェーブ・フィルター)●OUTPUTS:エフェクト・センド、チューナー・アウト、ライン・アウト、スピーカー・アウト●アウトプット・パワー:300W RMS(8Ω)、500W RMS(4Ω)●電源:100V 50/60Hz(日本仕様)●高さ:7.1cm(2Uラック・サイズ)●幅:27.6cm●深さ:25.5cm●重量:2.9Kg

TUNECORE JAPAN