カリスマ・ドラムサウンド・クリエイターが開発したプロ仕様のコンプレッサー

slate pro audio DRAGON(Dynamic Processor)

PRODUCTS by 編集部 2010/04/07

宮地商会M.I.D. が、米Slate Pro Audio社のダイナミック・プロセッサー “DRAGON” を発表した。

Slate Pro Audioは、LAのカリスマ・ドラムサウンド・クリエイターであるSteven Slateが立ち上げた新ブランドだ。

今回登場した”DRAGON” は、Steven Slate本人はもとより、多くの有名エンジニアを友人に持つ彼の人脈を最大限に駆使、そして2年にわたる開発期間を経て「仕事で使えるプロの道具」として完成したダイナミック・プロセッサーだ。

往年の名機と呼ばれるFETコンプレッサー (UREI 1176) をベースにしながらも、多彩なキャラクターsw.を装備。伝説の「4つ押しサウンド」はもとより、より攻撃的なロック・サウンドからマスタリング向けのシルキーなコンプレッションまで、スタジオ内で縦横無尽に活用できる。また通常のコンプレッサーに比較して多くのsw.を持つため、マニュアルには全米の一流エンジニア達の手によるプリセット・シートも付属している。

価格はオープン・プライスで、市場予想価格は228,900円。ステレオ・ペアでの調整、出荷も可能とのこと。

公式サイトでは、本機で作られたドラム・ループなどのサウンドデモが聞けるほか、Steven Slateのインタビューも読むことができる。

[M.I.D.  - slate pro audio - DRAGON]

slate pro audio

DRAGON(Dynamic Processor)

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
宮地商会M.I.D.
TEL: 03-3255-2888 http://www.miyaji.co.jp/MID/

【SPECIFICATIONS】
●インプット・インピーダンス:15K Bridged T-control(floating)●アウトプット・インピーダンス:15K Transformer balanced(floating)●Frequency Response:20Hz to 20kHz ± 1db●Gain:45db, ±1db●Distortion:> 0.5% T.H.D. from 50Hz - 15kHz with lomiting, at 1.1 seconds release setting●Signal-to-Noize Ratio 0.5% T.H.D:Output of +22dBm with no greater than●limitting,:>81db with input signal at threshold of Over a bandwidth of 30Hz to 18 kHz●Attack Time:Adjustable , from 20 to 800 microseconds●Release Time Seconds:Adjustable , from 50 milliseconds to 1.1●External Connections:XLR / 1/4" TRS(balanced)●Stereo Interconnections:1/4" phone●Power Requirements:110V/220V●Power Connector:Detachable IEC power cable●Fuse:500mA time delay (slow blow) / 110V●250mA time delay (slow blow) / 220V●Dimensions:19" W * 3.5" H * 8.5" D (two rack spaces)●Weight:12 lbs (with box, 14 lbs)

TUNECORE JAPAN