COSM搭載のギターマルチME-25とアコースティック専用ステレオアンプAC-33を中野豊が紹介/ローランド新製品発表会

PRODUCTS by 編集部 2010/02/04

2010年最初のギター関連の新製品は、COSMによるアンプモデリングを搭載、そしてフレーズループ機能も備え、ますます活躍の幅が広がったマルチエフェクター「ME-25」と、アコースティックギターの豊かな響きをナチュラルに再現し、バッテリー駆動も可能なステレオアンプ「AC-33」。中野豊とロバート・マルセロが演奏を披露した。

デモンストレーションを行なったのは中野豊。ローランドのサイト「楽器使いこなし情報満載のWEBマガジンRoland Music Navi」にてギターエフェクター関連の記事を執筆しており、BOSSおよびRolandのワークショップでの実践的なクリニックが好評を博している、ローランド・ファンにはお馴染みのギタリストだ。
≫≫Roland Music Naviの中野豊の記事はこちら


DSC_0066.jpg

ME-25の紹介では、「わかりやすい操作で簡単ながら、音色・音質には妥協がないところが魅力」と、まず総合的な紹介をしたのち、「曲のイントロやトリオ・バンドで効果的に使える」と評した”フレーズ・ループ機能”を用いたデモンストレーション演奏を披露した。

また、来日中のロバート・マルセロ(Danger Danger)も、ME-25で豊富な音色を使った演奏を披露。両ギタリストともに製品のクオリティと特性を充分に魅せたパフォーマンスであった。

DSC_0052.jpg

 

≫≫NAMM Showでのロバート・マルセロの演奏動画とME-25の紹介はこちら

≫≫ギター・チャンネルによる「ME-25」の紹介はこちら

次にAC-33のデモでは、スパニッシュ・テイストの曲でアコギのナチュラルな音色を聴かせるとともに、”ルーパー機能”を使ってバッキングやパーカッションを録音したものにソロ演奏を重ねるという演奏を中野が実演。

わかりやすい機能の説明は、さすが中野豊と思わせるものだった。

≫≫ギター・チャンネルによる「AC-33」の紹介はこちら

≫≫ギター・マガジン編集部によるローランド新製品発表会のレポートはこちら

[ローランド]
[BOSS]
[BOSS「ME-25」紹介ページ]
[ローランド「AC-33」紹介ページ]

TUNECORE JAPAN