BLUEのNEWステージ用マイクがいよいよ国内出荷

BLUE EnCore 100 / EnCore 200

PRODUCTS by 編集部 2009/10/22

Ariaダイナミック・カプセルを内蔵。ハンドリング・ノイズ対策もなされたラバー・カプセル・マウント方式

BLUE EnCore 100 14,700円(写真上) / EnCore 200 21,000円(写真下)

南カリフォルニアに本社を置くBLUE。レコーディング用高品位マイクのBottleシリーズやユニークな形状のBallシリーズなど、クオリティとデザインの秀逸さで注目されるマイク・メーカーだ。そんな同社のNEWマイク2本の国内発売が決定した。

その2本は、EnCore 100とEnCore 200。ライブ・パフォーマンスに向けたステージ用マイクだ。共に単一指向のダイナミック型で、Ariaダイナミック・カプセルを内蔵。バランスの取れたハイエンドと精密なディテール、そして卓越した透明感を実現しているという。特性チャートを見ると、声の最もおいしい4kHz近辺が盛り上がり、また倍音部分の10kHz近辺もブースト。100〜300Hzにも盛り上がりがあるので、声のパワフルな部分もしっかりキープしてくれそうだ。また、ライブで気になるハンドリング・ノイズに関しても、ラバー・カプセル・マウントの採用により、ノイズを最小限に抑える工夫もしている。

さらにEnCore 200に限っては、独自の出力トランスフォーマーと「Active Dynamic」ファンタム・パワー回路を搭載。高出力と安定したトーン、そして低ノイズを実現しているそうだ。共にナチュラルなボーカル・サウンドを目指し、ライブを中心にスタジオ/ブロードキャスト用途まで幅広く使用可能。店頭発売は明日の10月23日を予定している。

chart_enCORE100.jpg

▲EnCore 100の特性チャート

chart_enCORE200.jpg

▲EnCore 200の特性チャート

【関連リンク】

EnCore 100 / EnCore 200製品情報
BLUE
TCグループ・ジャパン

BLUE

EnCore 100 / EnCore 200

EnCore 100:14,700円 / EnCore 200:21,000円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
TCグループ・ジャパン
TEL: 03-5302-4947 http://www.tcgroup-japan.com/

【SPECIFICATIONS】
EnCore 100【SPECIFICATIONS】 ■トランスデューサー/ダイナミック・ムービングコイル ■指向特性/単一指向 ■周波数特性/50Hz~15kHz ■最大SPL/147dB ■出力インピーダンス/250Ω ■感度/1.55 mV/Pa ■外形寸法/50(φ)×185(H)mm ■重量/400g EnCore 200【SPECIFICATIONS】 ■トランスデューサー/ダイナミック・ムービングコイル ■指向特性/単一指向 ■周波数特性/50Hz~16kHz ■最大SPL/147dB ■出力インピーダンス/25Ω ■感度/2.25 mV/Pa ■外形寸法/50(φ)×185(H)mm ■重量/400g

TUNECORE JAPAN