人気DAWソフトCubase 5シリーズのエントリー版が発売

STEINBERG Cubase Essential 5

PRODUCTS by 編集部 2009/09/02

上位版と同等のエンジンを採用し24ビット/96kHz対応。700音色/33エフェクト/17MIDIプラグインを搭載

STEINBERG Cubase Essential 5 オープン・プライス(25,000円前後)

 

STEINBERGは、同社のDAWソフトCubaseシリーズのエントリー版に当たるCubase Essential 5を9月18日にリリースする。通常版のほか、アカデミック版(市場予想価格20,000円前後)がリリースされている。なお、Cubase Essential 4からのアップグレードは、9月中旬以降Webサイト上で行われる予定で、送料を含め10,300円となっている。

オーディオ・エンジンや画面のユーザー・インターフェースは上位のCubase 5やCubase Studio 5と同様。最大24ビット96kHzに対応し、64オーディオ・トラックを扱うことができる。

このCubase Essential 5で特に力を入れているのはプラグインの強化。ピッチ補正エフェクトのPitchFix、アナログ・モデリングタイプのソフトシンセPrologue、ステップ入力でリズム・トラックを組み立てられるBeat Designerを筆頭に、Cubase 5やCubase Studio 5で人気の機能を移植。ソフト音源Halion Oneには、Cubase 5&Cubase Studio 5に付属の”Halion One Studio Set”を含む約240種類の音色が追加されている。

MIDI回りも、MIDIエフェクトのデザインを一新し、Arpache SX、Context Gate、MIDI Monitorなどを新規搭載。オートメーションの改善やMIDIループへの対応も図られている。さらにコンピューターのキーボードを簡易鍵盤として使うバーチャルMIDIキーボードなどの機能も備えている。

[関連リンク]
STEINBERG日本語サイト
Cubase Essential 5製品情報
ヤマハ スタインバーグバージョンアップセンター(Cubase Essential 4からのバージョン・アップ)

STEINBERG

Cubase Essential 5

オープン・プライス(市場予想価格25,000円前後)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ヤマハ お客様コミュニケーションセンター スタインバーグ・コンピューターミュージックご相談窓口
TEL: 0570-006-808(ナビダイヤル)、053-460-5270(携帯電話、PHS、IP電話) http://japan.steinberg.net/

【SPECIFICATIONS】
■Mac/Mac OS X 10.5.5、PowerPC G5以上のCPU(Intel Core Duo 以上を推奨)、1GB以上のRAM、4GB以上のハード・ディスク空き容量、Core Audio対応デバイス、1,280×800ピクセル以上のフルカラー・ディスプレイ、ダブル・レイヤー対応のDVD-ROMドライブ、USB端子、インターネット接続環境 ■Windows/Windows Vista(32bit)またはWindows XP Professional(SP2)/XP Home Edition(SP2)、Pentium/Athlon 2GHz 以上のCPU(DualCore プロセッサー推奨)1GB以上のRAM、4GB以上のハード・ディスク空き容量、Direct X または ASIO 対応デバイス(ASIO 対応デバイスを強く推奨)、1,280×800ピクセル以上のフルカラー・ディスプレイ、ダブル・レイヤー対応のDVD-ROMドライブ、USB端子、インターネット接続環境

TUNECORE JAPAN