単板オハイ材を使用したサテン・フィニッシュのモデルが登場

PRODUCTS by 編集部 2009/07/31

090731_OT

ボディ・トップ、バック、サイドのすべてにオハイを使用した、3万円~5万円代のラインナップ。

ハワイの高級ウクレレKo’olau(コオラウ)のサブ・ブランドであるPono(ポノ)ならではの、比較的低価格でありながら高品質を実現したシリーズです。

オハイとは、オアフ島にも多く見られる木材で、別名モンキーポッド。独特の木目を持ち、一本一本にそれぞれ違った表情があります。

フィンガーボードとブリッジにはローズウッドを使用したこのシリーズ、サイズはソプラノ、コンサート、テナーがあり、3つのサイズすべてにパッシブ・タイプのピエゾ・ピックアップを搭載したエレクトリック・アコースティック・バージョンも用意しています。

090731_OS.jpg

▲OS(Ohai Soprano))31,500円/OS-E(Ohai Soprano with Pickup)42,000円

090731_OC.jpg

▲OC(Ohai Concert)36,750円/OC-E(Ohai Concert with Pickup)47,250円

090731_OT.jpg

▲OT(Ohai Tenor)39,900円/OT-E(Ohai Tenor with Pickup)50,400円

※ピックアップ搭載のモデルも外観はほぼ同じです。

090731_endpin.jpg

▲ピエゾ・ピックアップ搭載のモデルは、エンドピンジャックの仕様。

[Ko'olau(コオラウ) オフィシャルサイト]

>>> Ponoのウクレレをデジマートで探す(購入)

TUNECORE JAPAN