Ponoより比較的手の届きやすい価格のマホガニー・シリーズが登場

PRODUCTS by 編集部 2009/07/29

090729_pco-thumb-600xauto-4478

ハワイの高級ウクレレKo’olau(コオラウ)のサブ・ブランドであるPono(ポノ)からリリースされたこのマホガニー・シリーズは、素晴らしい音色でありながら手の届きやすい価格を実現したモデル。

ボディのトップ、バック、サイドのすべてに単板マホガニー材を使用し、品のよいグロス・フィニッシュとなっています。
同様にネックもマホガニーで、ネックフィンガーボードやブリッジにはローズウッドを使用。また、高級感を高める”ロープ”デザインのローゼット・インレイ装飾が施されています。

このシリーズのラインナップは、ソプラノ、コンサート、テナーの3サイズがあり、コンサートとテナーのみパッシブ・タイプのピエゾ・ピックアップを搭載したエレクトリック・アコースティック・ウクレレも用意しています。

いずれもコオラウ・ブランドのハードケース付属です。

090729_pco.jpg

▲PCO(Mahogany Concert)57,750円/PCO-E(Mahogany Concert with Pickup)68,250円

090729_pto.jpg

▲PTO(Mahogany Tenor)60,900円/PTO-E(Mahogany Tenor with Pickup)71,400円

※ピックアップ搭載のモデルも外観はほぼ同じです。
※このほかに、PSO(Mahogany Soprano)55,650円があります。

090729_pco_02.jpg

▲ピエゾ・ピックアップ搭載のモデルは、エンドピンジャックの仕様。

090729_pco_03.jpg

▲Ko’olauブランドのハードケースが付属。

[Ko'olau(コオラウ) オフィシャルサイト]

>>> Ponoのウクレレをデジマートで探す(購入)

TUNECORE JAPAN