松本茜×KAWAI CA93~木製鍵盤にこだわった 本格派モデル

デジタルピアノショッピングガイド2012 by 撮影:星野俊 2011年12月16日

dpguide2012-2-main

アコースティックピアノを手がけるカワイならではの技術が存分に凝縮されたCA(コンサートアーティスト)シリーズの最上位機種。材質や構造にこだわった木製鍵盤と、音色を滑らかに変化させる新技術を採用した音源が、グランドピアノのようなタッチと音色を実現します。さらに、パソコンなどで再生可能なMP3形式で演奏を録音できるオーディオ機能も搭載しています。

dpguide2012-1-3.jpg……スタンダード派  dpguide2012-1-5.jpg……本格志向派

Basic Point 音とタッチへのこだわり

最高級のサウンドを搭載

dpguide2012-2-2.jpg

CA93の内蔵音源は、ショパン国際ピアノコンクールで使用されたフルコンサートグランドピアノEXから88鍵すべての音をサンプリングしたもの。弱打から強打まできめ細かく収録した音を滑らかに変化させる最先端の技術が用いられているため、音の変わり目が気にならない自然な音色で演奏を楽しむことができます。

リアルさを追求した木製鍵盤

指先に馴染む木製鍵盤を使用しているため、中が空洞のプラスチック製鍵盤に比べ、ずっしりとした深みあるタッチを感じながら演奏することができます。また、鍵盤を弱く最後まで押さえきったときのハンマーと鍵盤が離れる感触の再現や、音域によって異なる重さのハンマーウエイトを使用するなど、随所にこだわりが感じられます。

アコースティックピアノは細かい表現までできるところが最大の魅力ですよね? CA93はアコースティックピアノのようにこちらの微妙なタッチにきちんと応えてくれるので、弾き込むにつれて豊かな音色が出せる楽器だと思いました。木製鍵盤はプラスチックに比べて中身が詰まっている感じがして、すごく弾きやすかったですね。

Special Point 機種ならではの個性

弾き心地を自由にカスタマイズ

dpguide2012-2-3.jpg

弦を叩くハンマーの状態や弦の共鳴音の音量など、8つの項目において弾き心地を調整することができます。さらに、弱打から強打までの演奏を本体に記憶させることで、演奏者に合ったタッチカーブを作成することも可能。

アコースティックピアノは、”どうしたらうまくこのピアノが鳴るか”と試行錯誤して弾かなければならないので、自分の好みに合わせて弾き心地を細かく変えられるCA93は、弾き手のストレスを解消してくれる楽器だと思います。

音に包まれる響板スピーカー

dpguide2012-2-4.jpg

背面の響板全体をスピーカーにすることで、小音量でも迫力ある低音が鳴り、グランドピアノのような豊かな響きを実現。発音面積が大きく、響きが前面からも放出されるので、音に包まれるような感覚で演奏が楽しめます。

デジタルピアノのスピーカーと言うと、スピーカーからダイレクトに音が聴こえてくるというイメージがあったので、CA93のようにアコースティックピアノと同様に、響板全体を響かせるという発想には驚きました。

高音質のオーディオ録音

dpguide2012-2-5.jpg

パソコンやオーディオプレイヤーで再生可能なMP3形式で演奏を録音することができるCA93。USBメモリーを接続して録音した演奏データをパソコンで聴いたり、USB内の楽曲を臨場感あふれる音色で再生することも可能です。

録音したオーディオデータに自分の演奏を重ねて弾くことができるので、作曲するときにこの機能を使えば、すごく作業がはかどりますね。たとえ曲を作らなくても、ベースパートにピアノを重ねて弾くだけでソロの勉強になりそう。

CA93はコントロールしやすい楽器

dpguide2012-2-1.jpg

普段からいろいろなピアノを弾きますが、演奏しながら最も意識するのは、”今日のピアノはどんな風に鳴ってくれるか”ということなんです。私は人よりタッチが強いということもあって、鳴りにくいピアノをコントロールしてダイナミクスをつけるのが好きですが、CA93を弾いてまず感じたのは、想像以上に音が前に出すぎず、出音をコントロールしやすいということ。これまで、デジタルピアノで少しだけ音量を抑えようとすると一気に下がってしまうということが多々ありましたが、CA93は微妙なニュアンスまでしっかり表現することができる。また、打鍵したときの”コツッ”となる感覚がきちんと再現されているので、弾いていて”どのタイミングで音が鳴るか”ということがわかりやすくていいですね。

松本茜

4歳よりピアノを始め、小学生の頃から独学でジャズを学び曲作りを始める。日本大学芸術学部放送学科に進学後、日本コロムビア主催のJroom night summer 2006のティーンズ・ナイトに出演、注目を集める。2008年5月に『フィニアスに恋して』でCDデビューし、同年12月にジャズトリオ、New Roman Trio名義によるアルバムを2作同時発売。最新作は今年11月9日にリリースしたNew Roman Trio名義の『クリスマスPOP JAZZ』。

TUNECORE JAPAN