モジュラー・シンセの祭典『TFoM 2018』開催【11月17日、18日@東京・渋谷】

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2018/11/16

tfom

ここ日本でも市民権を得たモジュラー・シンセのディープな世界。その素晴らしさを伝えるイベント『TFoM 2018』(Tokyo Festival of Modular 2018 / 東京モジュラーフェスティバル 2018)が、11月17日、18日に東京・渋谷のContact/同ビルSTUDIO MISSIONで開催される。

今年で5周年を迎える本イベント、本誌にもたびたび登場しているデイデラスによる日本初披露のモジュラー・シンセ・ライブをはじめ、モジュラーと言えばこの人=リチャード・ディヴァイン、そして日本からもPhew、坪口昌恭×角銅真実、そしてHATAKENらがパフォーマンスを展開。

モジュラー・シンセ関連ツールを扱う世界中50以上のメーカー協力により、展示会、ビギナー向けレクチャー、中古機材交換会など、モジュラー好きはぜひ足を運んでみてほしい。

●Tokyo Festival of Modular
http://tfom.info/

●チケット
前売2日間通しチケット・advance 2-day ticket / 5000円
チケット購入先
https://josh1.zaiko.io/_buy/1hX3:3rx:d91e1
当日券 各日・1-day ticket on the door / 3000円 (展示会・コンサート両会場共通)
※コンサート会場入場時には1ドリンクの購入が必要

●スケジュール/11月17日(土)、18日(日)
●展示会場/12:00-18:00 (Studio Mission)

●コンサート会場/土/17:00 – 21:00 , 日/17:00 – 22:00 (Contactサイト)

<11/17土>

Studio X

Daedelus (US)

Richard Devine (US)

Phew

Masayasu Tzboguchi + Manami Kakudo


Foyer
Chris Goudreau (US)

Mudlogger (Thailand)

Noroeste (France/Russia)

n³ (Spain)

Udo Moll (Germany)

Timmy Lok (Hong Kong)


Contact
Doravideo

Kensuke Ishii

KMMR
Ipnoteca (Italy/Japan)

Kotaro Mitsuno (Germany/Japan)

Taro Aiko (MASF, Endon)

Saraam (moph records, Constant Value)

Dave Skipper (UK/Japan)


Visuals

100take

Aiko
Ethan Drown Hurlburt

<11/17日>

Foyer

Kabuki (Germany)

YeoNo (South Korea)

Radek Rudnicki (New Zealand)

Xenosine (Australia)

Bagus Pandega (Indonesia)
Nutchapoon Choosakul (Thailand)
maf (China)


Contact
Hataken

Jun Morita

Yasunobu Suzuki (Sludge Tapes)

Machina (South Korea/Japan)

NNFA
Akihiko Matsumoto

Pikamachi (Hikari Instruments)

z_hyper

Andy Couzens (UK/Japan)

100take


Visuals

Aiko

Ethan Drown Hurlburt


TUNECORE JAPAN