今年は高校生以下入場無料!2018年11月18日(日)新木場ageHaにてMASTERS AT WORK in JAPAN開催!

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2018/11/13

maw2018_keyvisual

90年代から現在まで、ダンス・ミュージック・シーンに大きな影響を与えた史上最強のユニットMASTERS AT WORK(MAW)のパフォーマンスが今年も再び新木場ageHaで開催される。
 
今年は、新たにManhattan Islandが登場。MAWの2人とも深い縁のあるMUROや、イラストレーターとしても活躍するレコード・コレクター永井博、7inchの達人として知られるDJ KOCO aka Shimokita、そして幅広い知見で様々な音楽を縦断するKaoru Inoueに、若干22歳のレコードマニアMayu Kakihataらが、ソウル、ファンク、レア・グルーヴ、ディスコなどを中心に全員がレコードだけでDJを行う。
 
ageHaの昼間という特別な環境の中でVIPからキッズ・エリアまで併設する充実のホスピタリティー。大人から子どもまで楽しめる新時代のパーティーをぜひ体感してほしい。
 

 

ラインナップ

Arena

MASTERS AT WORK (Louie Vega & Kenny Dope)

maw_photo
 
Louie VegaとKenny Dopeによる史上最高のユニットMASTERS AT WORK。あらゆる音楽スタイルを吸収してダンス・ミュージックの最先端を90年代から走り続けてきたDJ、プロデューサー・チームである。数々の作品を生み出してきたMAWだが、その中でもNuyorican Soul名義で発表されたアルバムは歴史に残る名盤として愛されている。また、Remixという手法をひろく一般に認知させたのは彼らの功績によるところが大きいだろう。個人での活動でもグラミー賞を受賞するなど、既に音楽界の至宝と言える存在である。

Lights by Ariel

Ariel
楽曲の魅力を何倍にも引き出すライティング・オペレーターのトップに君臨するのがマスターと呼ばれるArielだ。ニューヨークでそのキャリアをスタートさせ、輝かしいハウスの歴史に光をあててきた。日本でもお馴染みのBody&SOULでもArielの人間味溢れるライティングはパーティーを構成する重要な要素として欠かせないものになっている。

Manhattan Island

永井 博/Kaoru Inoue/KOCO aka Shimokita/Mayu Kakihata/MURO

WATER

Dazzle Drums/GONNO/HIROSHI WATANABE aka KAITO/Midori Aoyama/THE PEOPLE IN THE FOG aka DJ SODEYAMA
 

PRIMITIVE INC. 12th Anniversary
     MASTERS AT WORK in JAPAN – Beautiful People –

日時 : 2018年11月18日(日)14:00~21:00
会場 : ageHa@STUDIO COAST
料金
当日券 6,500円 / 4,000円 (U-23)
現在発売中の前売りチケット(11/17 Satまで)
5,500円 / 3,500円(U-23)

公式Web :http://mawinjapan.com

 

TUNECORE JAPAN