灰野敬二のユニットNAZORANAIが レッドブルの音楽フェスにてライブを敢行!

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2018/09/25

redbull_web_NAZORANAI__01

今年もレッドブルによる都市型音楽フェス『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018』が開催。東京の街全体を舞台にした数々の音楽イベントが10/12まで繰り広げられる。

そのプログラムのひとつとして、灰野敬二、スティーヴン・オマリー、オーレン・アンバーチによるプロジェクト「NAZORANAI(なぞらない)」の公演が、4年の時を経て実現!

さらに今回は、灰野の指名により石橋英子が参加。轟音と静寂、そして心地よい緊張感を伴った音響空間をぜひ代官山UNITにて体感していただきたい。

——————-
NAZORANAI 公演概要
——————-
日時:2018年9月27日(木) 開場19:00/開演20:00
会場:UNIT(代官山)
出演:NAZORANAI (灰野敬二+スティーヴン・オマリー+オーレン・アンバーチ)、石橋英子
料金: 前売 2,000円

ローソンチケット https://l-tike.com/st1/rbmf18-nazoranai
イープラス http://eplus.jp/RBMF2018/
iFLYER https://iflyer.tv/en/event/305191

※未就学児は入場不可。小学生以下の方は保護者同伴のみご入場いただけます。
※小学生以下のお子様は耳を守るために必ず耳栓かイヤーマフを着用ください。
www.redbull.com/jp-ja/music/events/nazoranai

■NAZORANAI
NAZORANAI
灰野敬二(写真右)、スティーヴン・オマリー(左)、オーレン・アンバーチ(中央)によるプロジェクト。灰野は不失者の創設者であり、その音楽活動はノイズ、ロック、即興音楽、ミニマリズム、ドローンと多岐にわたる。オマリーはSunn O)))、Khanate、Burning Witchとして、またアンバーチは、ジム・オルークや Sunn O))、John Tiblury らとの活動でも知られる。

■石橋英子
Eiko_Ishibashi
千葉県茂原市出身の音楽家。映画音楽の制作をきっかけにソロ作品を作り始める。ピアノをメインとしながらドラム、フルート、ビブラフォン等も演奏するマルチプレイヤー、シンガーソングライター、 プロデューサーとして、ジャンルやフィールドを越え活動中。近年は坂本慎太郎、ジム・オルーク、七尾旅人、星野源等の作品やライブに参加している。 http://eikoishibashi.net/

Red Bull Musicとは
Red Bull Musicは音楽そのものや音楽カルチャー、そして音楽家たちのために存在しています。数々のフェスティバルやワークショップ、イベント、プロジェクトを行うことにより、20年以上にわたり世界中のアーティストをサポートしています。
www.redbullmusic.com/tokyo
#REDBULLMUSIC

TUNECORE JAPAN